結婚生活は男が主人公?

結婚しない人が増えてるのは日本だけの事ではありません。
世界中で同じ現象が起きてるので一種の世界的流行なのでしょう。

結婚しない人が増えてると言っても全体数から考えると結婚する人の方が多いと思いますし離婚した人が再婚する場合もあります。

一生独身で過ごす人の統計でこの問題は考えるというか理解するのが正しい現実を理解できるのではと考えてます。

会話倶楽部の会員さん、離婚歴のある方はウラジオストク女性と結婚できる可能性は初婚の方と比べると明白です。相手が日本女性であっても結婚生活を送った経験、恋愛経験などもありますので女性の扱い方は初婚男性とは異なりますね。
その現場を何度も見聞してますので私なりに自負してます。

それなら初婚の方も離婚歴のある男性のように積極的に女性にアプローチすれば良いのですが体と頭が一緒に行動できないようです。

頭の中で考えるのは本人以外は誰も知ることは出来ませんが行動に出た場合は相手があるので相手の反応が気になる人は行動に出難いようです。

その場合はどうすれば良いのか?
答えは自分で考えるしかありません!

行動して上手くいけばそれでOKですが失敗した場合は次のチャンスのために失敗した理由を自分なりに考えて次に備えるしかありません。

ロシア女性の場合は日本女性と異なる点がたくさんありますので日露間の違いは運営者と十分に話し合ってください。

ロシアの人は、アメリカについてどう考えているのでしょうか?例えば彼女との会話で、政治やアミューズメントの話をしても問題はないでしょうか?

こんな質問を受けました。20年前だったらロシアの将来が見えない時代でしたが当時でもアメリカを憧れてるロシア人には会ったことがありません。

会員さんで一人アメリカ男性が会話倶楽部で結婚してますが最初のウラジオストク訪問はいろいろありました。
アメリカはロシアよりいろいろな面で優れてる(日本人もほぼ同じです)でウラジオストクへ行ったら女性会員がお見合いの相手がアメリカ人というだけで拒否!

本人はビックリです。
私に会って話をして拒否するなら理解できるが会う前から国籍で拒否されるのは納得できないと憤慨してました。

ロシアの宗教にはいりロシア語も事前に勉強して出かけ準備はしてたのですが会いたくないという女性の理由を理解するまでにちょっと時間がかかりましたが対応方法が理解できると世界で5番以内にはいる美しい女性に出会ったと喜びそして結婚しました。

ウラジオストク交際女性を日本に招待 一回目の来日は15日間 その⑤ 洗濯②アイロン

ロシア女性と結婚そしてアイロン?
と関連性が理解できない方もおられるというかそれが普通です。

が、ロシア女性とアイロンは密接な関係があります。
ウラジオストクから結婚で来日した女性が日本に持ってきた花嫁道具に
アイロン台があります。これは結婚相手の男性がアイロン台はどんなのを持ってますかと交際女性から質問され私に相談が来ました。

ロシア人、特にロシア女性はオシャレですので決してしわのある洋服は来ません。ロシアでクリーニング屋に洗濯を頼む話は女性から聞いたことはありません。私が想像するロシア家庭の夕食後のイメージは・・・

夕食が終わって家族一同が今でテレビを見てる場面。
家族全員がいますがお母さんはなぜ仕事をしてます。夕食後の仕事はお皿洗いやその他といろいろありますが家族でテレビを見てるときはお母さんも一緒にテレビを見ながら家族同士でわいわいテレビ内容を言い合ってるのですがお母さんは仕事をしてますが話に加わる仕事です。
何でしょうか?とクイズになる問題ですが答えはアイロンかけです。

日本のアイロン台をお持ちの方はどんなアイロン台なのか分かりますがロシアのアイロン台は日本と異なります。台というより・・・机です。
つまりアイロン机(4足のテーブル式)です。

立って行えるアイロン台です!
日本の場合は座ってアイロンをするのが普通ですしある男性はウラジオストク妻に日本のアイロン版を机においてすれば一緒でしょう!と答えて喧嘩になった人もいます。

ロシアの文化はアイロン机ですしロシア女性はアイロンを行うのはアイロン机ですのでロシア文化を尊重します。

結婚で来日する女性は花嫁道具としてロシアからアイロン台を抱えて来日しました。

ウラジオストク交際女性を日本に招待 一回目の来日は15日間 その③ 女性の仕事は家事一般を・・・

15日男性宅に滞在するウラジオストク女性はどうやって時間を過ごすでしょうか?
これは男性の仕事、帰宅時間によりますのでお二人で事前に話し合うことが必要ですがウラジオストク女性の家事能力を知るチャンスです。

ウラジオストク女性で料理が得意でないという人はまずいませんので女性は男性の夕食や朝食をどう作ってくれるのかと楽しみとなります。

事前に食材を購入するのは当然ですが調理器具等が日本とロシアでは異なる場合が多いので何が異なるのか?文化の違いですがそれに興味を持ってお互いの文化を理解しあいましょう。

ウラジオストクではガス器具は使いませんのでウラジオストク女性の中にはガスの調理器具を怖がる人がいます。日本のガス器具は正しく使えば問題はない点や万が一の場合は自動消火装置があるなど説明をすれば女性は安心します。

ウラジオストク女性に料理を任せるのは問題はありませんが男性もたまには、料理のできる人はちょっと才能を女性に披露するのも良いのではないでしょうか?あなたが料理が作れない時は私がします!というセリフも良いと思います。

ウラジオストク交際女性を日本に招待 一回目の来日は15日間 その② 電話連絡を小まめに

女性が来日中は電話連絡を小まめに!

男性の家にネット回線があると思います(Wi-Fi)
ウラジオストク女性のほとんどはスマホを所持してますので女性が来日中、そして男性が仕事に出かけてる場合はネットを介しての会話は可能です。
一日何回と回数は指定しませんが女性は一人きりであることを考え時間がある時は電話をして話をしてください。

その時の女性の反応をみれば女性がどんな状態なのかと予測できますね。
また、自宅に帰る時は事前に到着時間を女性に連絡するのは最低限守ってほしいエチケットです!

ウラジオストク交際女性を日本に招待 一回目の来日は15日間 その①

女性来日の目的は男性の住む場所の住環境を知ってもらうためです。
交際女性とこの15日間に何をするかは事前に話し合ってください。

決して観光目的ではないことをお互いに理解してください。
男性は女性が来日中の期間は普通に仕事をしてください。
無理して休暇を取る必要はありませんし目的は生活環境に見てもらうためですので観光は一回目の来日の際は男性が休日を利用してちょっとした観光を行ってください。

結婚した場合は女性はどのような生活を日本で過ごすことになるのかを知ることが第一の目的ですので無理をしてあちこち連れまわる必要は絶対にありません!
女性は男性の家に住み近所を散策したりして時間を過ごします。

買い物(食料)に関してはお近くにスーパーがある場合は必ず一緒に出け日本での買い物の方法をサポートしてください。
品物には値段が張ってあるのでそこまでは必要ないでしょうという方もおられましたがあなたがロシアに住む場合やウラジオストクに滞在中に現地のスーパーマーケットでは日本と同じように値段が張ってありますが実際に買うとなるとパニックになることがありますのでウラジオストクを訪問されて現地のスーパーで実際に体験していただければ理解できると思います。

男性の中には多少のお金を渡せば女性はお店で買い物ができると考えてる方は少なくありませんがお金の価値が漠然としてる場合(これも男性がウラジオストクに滞在すればわかると思いますが紙幣やコインが混じると意味不明になる場合があります)。買い物に慣れるまでは時間がかかりますのでなるべく食品の購入などは女性と一緒に出掛けてください。

ウラジオストク交際女性を日本に招待 日本到着空港

現在は成田-ウラジオストク間は毎日のフライトがありウラジオストク女性の来日は日本人の海外旅行時期を外せば席は取りやすくなってます。
また飛行機代金もネットで調べることが可能です。

航空券代金はウラジオストクの運営者のPaypal口座へお支払いください。代理購入を行い日本ビザを取得した女性会員に手渡してます。

成田空港が現在のお住いの場所より遠い場合は
ウラジオストクから韓国(ソウル)経由で日本の各地の空港で韓国からの飛行機が到着してる空港へのチケット購入も可能です。
ネットで料金が調べにくい時はウラジオストクで販売されてる航空券の代金をお知らせします。

例として
ウラジオストク-ソウル-名古屋-ソウル-ウラジオストクの往復フライトの場合は時期によりますが750ドルから850ドルくらいとなってます。

会話倶楽部では15日日本滞在ビザ+お近くの空港までの往復チケット
最高でも1000ドルとお考え下さい。

ウラジオストク交際女性を日本に招待 方法

ウラジオストクで女性と知り合い交際が始まり次は結婚ですがその前に女性には一度、男性の住環境や新しく住む場所に女性が馴染めるかどうかを経験してもらうことは大事と考えてますので会話倶楽部では結婚の前に女性に試し日本の生活を経験して貰ってます。

最近は15日間日本滞在のビザは難しくないのでウラジオストクの運営者が男性会員の代わりにビザ申請と取得を行いビザが下りた時点で飛行機のチケット購入を行ってます。

ビザ申請を男性側ですべて行えばビザは無料で発給されますので日本国外務省のロシア女性招待のホームページを参照してください。
平成28年12月の規制緩和情報 >>>ここをクリック

上記のページではどんな書類や提出物に関しての説明がされてますが面倒だとお考えの方はウラジオストク側で申請を行いますので招待者は何もする必要はありませんが代行手数料としてウラジオストク側に150ドルお支払いください。
これはビザが下りた時点でのお支払いですが合わせて来日航空券の往復代金も一緒にウラジオストクにお支払いください(支払い方法はPaypalを使って現地の運営者へ直接送金となります)
Paypalのお支払い手数料は無料ですが現地の運営者の口座から送金額が引き落とされるまでに数日かかります。
*事前にPaypal口座を開設しておいてください(無料口座開設)

 

交際女性が日本食を食べたいと言ってきたら・・・困りますね。

ロシア人と日本食の相性は問題ないと思います。
ロシア人は辛い料理は好きでない人が多いようです。
ロシアでは日本食は高級料理と考えられてるおりウラジオストクには15軒以上の日本食を提供するお店があります。

ただし、韓国系の経営者が多いのでそこで提供される日本料理はほぼ日本と同じと考えても良いのですがお店によっては疑問符がつく場所もあります。

理由は日本食といえば高級と考えるロシア人ですので本当の日本食を知らない人には区別がつきません。

交際中のロシア女性から日本食が食べたい?と希望が出たらどうしましょうか?
値段が高い、日本人の作る料理とは少し異なると私なら躊躇します。
本心は行きたくないのですが女性の手前もありますのでそんな場合は・・・
本当の日本食を食べたいのなら日本で食べましょう! というのが私のアドバイスです。

ウラジオストクは中国人が多いので中国料理のお店もありますがロシア人には人気がありません。理由はロシア人にお尋ねください。

ウラジオストクの中国料理は私たちが日本で食べるものとは異なります。
理由は
①中国人が作ってる(本職の人の料理ではない)
②中国といっても広い国ですがウラジオストクは地理的に北部中国系の人が多いので北部中国料理が出てきます。(日本では決して美食とは言われてません)
北部中国の名物は餃子です。しかし日本とは異なります。餃子の材料である具が日本とは違います。セロリだけの餃子、ピーマンだけという感じです。

ウラジオストクで唯一、日本人のお客さんたちが喜んだのは北京ダックでした。
当時の料金は1羽で2000円くらいでしたので5名で食べました。

女性来日・・・ビザと航空券

ロシア人の多くの人はパスポートを所持してる人が多いと思ってましたが最近はお隣の中国、国境の街への買い出しがルーブル為替の影響でほぼ消滅してるのでロシア人がその国境の街スイフンヘで出かけられないのでパスポートを持ってる人が減ったのかな?と私は勝手に考えてます。

ロシアの役所の役得?利益?などは判りませんが一昔前は警察でパスポート申請が出来てましたが現在は違うようです。
申請から出来上がるまでの期間は大体3週間くらいだそうです。
料金は判りませんが日本より安いと思います。

パスポートが出来上げればウラジオストクの日本領事館で日本ビザの申請がありますが自己負担という最近できたシステムで15日間の日本滞在は可能となってます。我々日本人はネットでEーVisaが簡単に取得できますがロシア人は同じシステムはまだ導入されれませんがこれも時間の問題でしょう。

ウラジオストクからに日本への航空便は直行便は毎日ウラジオストク-成田間を就航してますが韓国とウラジオストクの飛行便数と就航会社、最近も韓国のLCC航空会社が参加したのでウラジオストク-ソウル-日本各地の空港で訪問や来日も簡単になってます。

ロシアのお父さん

ウラジオストク女性との結婚に関しては女性の父親はほとんど口を出しません。
ロシア女性はお母さんっ子で育ってるので父親は躾や考え方はお母さんに任せてるからです。

そんなお父さんでも娘が結婚するとなると旦那になる男性はどんな感じなのか気になるようです。ロシアの習慣で交際もしくは結婚を意識して交際してる場合は関係がある程度煮詰まったら親に紹介する儀式があります。

ほとんどの場合は女性の家に招待されます。テーブル一杯にいろいろな料理が酔いされてるのが普通ですがレストランで顔見世(両親とお見合い)のたまにあります。親と会う時は何かプレゼントを用意するのもエチケットです。
日本人の場合は何をプレゼントすれば良いのか見当がつかない場合は交際女性に尋ねるのが一番です。

ほとんどの場合はちょっと大きめの花(本数が多い)が一般的です。
それと女性に共通する甘いものも悪くはありません。

両親そして親戚一同が集まってる場合もありますがこれは親戚一同が男性をどんな人なのかと野次馬的考えですが好奇心というよりどんな男性なのかと期待してこられるのが普通ですので緊張する必要はありません。

と言っても緊張はしますね。
そんな時にはお父さんがお酒を出すことがあります。
緊張感を解くためと舌の周りが良くなる(ちょっと酔うことで話しやすくなる)というロシア式の気つけ薬ですので調子にのって飲みすぎないようにしてください。しかし、ロシアの父親は飲み比べを挑んで来る場合もあります。

”酒が強くないと男じゃない”
と考えてるのか男性が酔ったらどうなるのか見たいのでしょうね。
酒好きの人だったらロシア男性に飲み勝つ可能性はあります。
ウオッカがメインで出されますがボトルを空にするまでという飲み方はロシアでは一部にありますが家庭に呼ばれた場合は周りの人が止めてくれます。

といってもロシアの親父に飲み勝つと頑張って勝ったと言ってた会員も今まで何人かいました。

ウラジオストク、ロシアのホテルはキャッシュ払い

ロシア、ウラジオストクのホテルはネットで検索し予約をすることができます。
この時注意していたd来たいのはネット予約でクレジット番号を入力して予約となりますのでクレジットで支払いが完了してると勘違いする人がおられます。

クレジットの口座を調べればホテル代金が引き落とされてません!
クレジットはあくまでキャンセルされた場合のキャンセル代金の引き落としが課せられてますがホテル料金は現地の予約したホテルでチェックインする時に支払うことになりますのでホテル料金はチェックイン時に支払うのがロシア式です。

ネットを使わずに日本の旅行会社でウラジオストクのホテルを予約された場合はその日本の旅行会社にホテル代金を支払いますのでその会社発行のバウチャーを必ずお持ちください。すでに日本の会社と予約料金支払いが行われてる証明書ですのでホテル代金は要求されません!

ただし、ネットで予約するより日本の旅行会社の手数料が入ってるので宿泊料金は高めです。

現地での問題・・・
ホテル側はルーブルでの支払いが基本です。
クレジットカードでの支払いは受け付けないのが普通ですので事前にルーブルを用意することが必要です。ウラジオストク空港には何台かのATM機がありますのでそこでルーブルを入手してください。

空港には両替カウンターもありますが日本からのフライトが到着する時間帯はすでに閉まってる場合が多いです。

日中は市内の銀行や両替商がありますのでそこで日本円からロシアルーブルへの両替は簡単にできます。

ウラジオストク人は日本へ行く人が多いので日本円の両替レートはロシアの他の年と比べても交換率は普通、ネットで調べれその日の為替と同じです。

ウラジオストクのE-visa申請が出来ません・・・

5月にウラジオストクへ行かれる会員さん、時間はまだ十分ありますがウラジオストクに滞在するための8日間E-Visaをネットで申請しようとしたら出来ません、というメール。

E-visaに関しての情報は下記を参照
https://kaiwaclub.net/archives/259

5月訪問の申請をしようとすると4月(April) しかクリックできないそうです。
私も試しましたが同じ状態。
ロシア外務省のE-Visa申請ページには問題が起きたときの質問や問い合わせのメールアドレスがありません。

現在は毎日ウラジオストクへ日本人が出かけてるので皆さん、E-Visaを取得されてるはずです。一応ロシア領事館にE-Visa申請の問題点に関してメールを出しましたので返事が来るなら来週です。

ウラジオストク女性、来日前の日本語勉強

今年の2月からロシア女性の日本語家庭教師から日本語を勉強中の女性会員。
週2時間から4時間の勉強ですが2カ月目には漢字の勉強も既に始まってますとウラジオストクからの連絡は授業が終わる度に現地運営者に蘭楽があるようです。

来日前にどれくらいの日本語勉強となるか分かりませんが他の女性会員は日本語先生(ロシア人)から800語の日本語単語を覚え日本に住めば毎日日本語に接するので進歩は早いということで取り合えず800語の単語を覚えたそうです。

実際に彼女の前で旦那になる人と日本語で話してると聞き耳をたてて私たち日本語を理解しようとしてます。時々、今の日本語は知ってます・・・と言ってきますので昔の私のパートナーを思い出しました。

道を歩いてると道路様式や何かの案内がある度に立ち止まり意味を理解しよとしてました。日本語はカタカナ。ひらがな、漢字そしてローマ字からなってますが簡単なのはカタカナのようです。

カフェなど軽食のお店のメニューはカタカナが多いのでそれを読んで理解しようとする姿は新鮮です。ただし、一定の時期があります。最初のうちは質問されると直ぐに答ええましたがそれが毎日何回も繰り返されると・・・疲れます。

アメリカ男性と結婚した日本女性、同時通訳が彼女の希望だったので毎日毎日、英語に関しての質問があったそうです。もちろん、最初は優しかった旦那さんも質問に答えるのに疲れたようです。

そのアメリカ人と対処方法について話をしました。
彼の対策は・・・
”質問はまとめて一度にしてください”
私もこれを真似ました。

 

ロシア女性が好きな話題は一番がダイエット

ロシア女性のほとんどは細い体が美しい?と考えてるのでしょうか太ることを避ける傾向がありますので食べ物に関しては好き嫌いがあるようです。

毎日食べ過ぎるはちょっと問題かもしれませんが一人で食べる食事より二人で食べる食事は話をしながら楽しめる時間です。

実際にはウラジオストク女性はレストランへ行ってもオーダーするのはサラダ。
日本に住んでる人もサラダがメインなので食事を楽しみたい男性には不満があります、でも、口に出して何とか言う人はいないようです。

女性も気を使ってますが太ると嫌われる?と考えてるのでしょうか小食の人が多いですね。フレンチやイタリアンなどのレストランに行っても食べるのはサラダだけとなると別にレストランに行く必要はないですね。

自分の体重を気にしてるロシア女性ですが甘いものなどデザートに関しては日本語で”別腹があります”と言い訳する人もいます。

ロシア人の骨格は日本人、アジア人とは異なり骨太なのでそのためにたくさん食べるのが普通なのに体重が・・・と気にしてる人にはどんなアドバイスをsれば良いのでしょうか?

ただし。ロシア女性って太りやすい体質なのでしょうか?
結婚して日本に住み始めたウラジオストク女性に三カ月ぶりに会った時にちょっと丸顔になってました。油断しての出体重が3キロ増えたそうです。

油断したというのは日本食が全部おいしかったからだそうです。

ウラジオストク行きの航空券に異変が?

何か可笑しいです。
成田とウラジオストク間の4月の航空券代金を調べたらHISとSurprise(同じ経営)ですがS7とオーロラ航空の料金が出てきません。出て来ても満席という表示。
この二社は直行便で短時間でウラジオストクへ行けて値段も安いのですが現在は
韓国経由でウラジオストク行きの料金しか出ません。
下記はSurprise

こちらはHIS 羽田からウラジオストクとありますがソウル経由です

最近ウラジオストクへ行かれた方が利用したサイトは
トラベルコ >>>ウェッブ

お値段は・・上記の二社と同じ 4月13日から16日(3泊4日)で検索したら
半額以下です!

ウラジオストクの結婚紹介所

ウラジオストクには国内結婚、ロシア人同士のカップリングの結婚会社は数社あるようです。あくまで国内結婚ですのでそこで女性を紹介して貰う事は可能ですが条件として女性は男性がウラジオストクに住むことが希望ですのでそこで女性を紹介してもらうお見合いをすることは可能ですが女性が日本に住むことには同意してません。

ロシア人が国際結婚をして海外に住むという考えを持ってるロシア人は決して多くはありませんし海外に住むという考えを持つ女性のレベルは好奇心の強い女性です。

実際にその国内結婚会社を訪問された男性の話を直接伺ったことがあります。
現在はロシアに住んで仕事を考えるという男性も出てきますのでそのような男性は会話倶楽部でなくロシア国内結婚の会社を訪問して相談されたほうが紹介してくれる女性の数も多いです。

ただし、言葉は英語でなくすべてロシア語です。結婚オフィスのスタッフも英語は話しません。もし話せるならすでに国際結婚を始めてると思います。これは日本も同じですね。国際国内とはっきり区別してるのが普通です。

ITが進歩しても成婚率は変わりません? 

日本はロシアよりネット普及は早くそして日本中に広まった時にウラジオストクはまだネットは流行ってない時代、というのは10数年前です。
香港資本のケーブルがウラジオストクにひろまりネット普及が急に広がりましたがそれまでは従量制でネット利用料は使ったMBに比例しており使い放題というのは最近のことです。

SKYPEは動画を送るのでどうしても転送量が大きくなりロシアでは結構高い値段でした。

今では日本以上にスマホを使った通信手段でロシアとの通信もほとんどお金はかかりません。ロシアならお勧めはWhatsApp,です。日本ではLineが流行ってますがロシアや欧州ではWhatsApp,がメインです。

会話倶楽部の初期時代は国際電話はロシアと日本は1分2500円くらいだったと思います。決して安い料金ではなかったのですが電話をする日本側、そして受け取るロシア側もお互いに時間を決めて電話してましたので電話での会話はお互いに貴重だと思ってました。

今は・・・大体の日時の約束をすれば万が一どちらかが忙しい場合にはまた今度と軽い気持ちで通信ができるのですが話さなくてはという緊張感が薄くなったのでしょうか、会話内容まではタッチしてませんが人によっては有効に使ってる会員さんとそうでない人に分かれるようです。

基本は毎日がお勧めです。
そして使ってはいけない言葉は ”忙しい”・・・これは禁句にしてください。
忙しいからと言う理由は相手にとっては笑って済ませれる言葉ではありません。

仕事が忙しいから仕方がないでしょうという方もいます。
別に私が損する訳ではありませんがお二人の関係が・・・時になります。
本当に忙しいなら”短いメッセージ”で十分ですね。

トイレで気張ってる間に一言くらいは送信できると思います。
交際中は毎日メッセージが基本だと私は考えてます。

日本のロシア専門旅行業界

数年とは言わなくても既にロシア専門に限らず旅行業界は今までのビジネスでは難しくなってきてます。

ロシアビザ専門の会社、大手の旅行会社が別名で作ってるビザ取得サービスはロシアが日本に対してビザの緩和を続ければ将来的にはロシア3カ月滞在はビザ不要と欧州並みになる可能性もあります。
ロシアビザに関しては今でもバウチャーが必要ですとバウチャーがないとロシア旅行は違法ですと理解できる説明をしてる会社もあります。

私はウラジオストクより先に始めたロシアビジネスはサンクトペテルブルク大学の教授と一緒に行ったロシア・ホームスティというビジネスでロシアや現在のCIS諸国の大学の先生宅にホームスティをするビジネスを行ってたので形式的なバウチャーは必要でしたが誰もバウチャーはチェックしないのが現実でした。
ときたま、モスクワで悪徳警官がいちゃもん、バウチャーを見せろと外国人旅行者に声をかけてバウチャーがなければ罰金を取ってるいう噂も聞きました。

現在は警察官の給料がアップしてるので小遣い稼ぎを行って見つかったらクビですので小さな小遣い稼ぎなありません。

HISはロシア専門ではありませんがすでにウラジオストクに支店を開いてます。
HISが募集してウラジオストクに送るツアー客の受け入れをするのでしょう。
ゴールデンウイークあたりから日本のツアー客がウラジオストクを訪問しますのでウラジオストクの日本語ガイドさんたちはすでに予約でいっぱいと言う人もいます。

HISでは市内と空港の送迎も行ってますのでネットで予約が出来ます。
料金的には日本の会社経営なので日本語でサポートが可能なので心配性の方は安心できるのではないでしょうか?

会話倶楽部のウラジオストクスタッフが送迎を日本語で行いますのでサポートの心配はありません。ロシア料金で提供してますのでHISよりは安目と思ってましたが値上げしてます。

会話倶楽部は往復で5000ルーブル。

国際カップルから花見のお誘い

寒い日が続いてるのですっかり花見を忘れてました。
3月下旬が毎年の花見のシーズンというのを理解できたのは最近です。
それまで花見は4月と思ってました。

日本人の奥様の文章は雨天の場合は来年まで延期とあります。

Starting at noon, weather permitting, please come join us with your family and friends for a hanami in the section of Shiba Park closest to Akabanebashi station.
https://goo.gl/qXya2h
WHAT TO BRING: Friends and family. Your favorite food and drink and a cushion. If you are coming in a group, also bring a ground sheet. (Please help to clean up a bit before you leave.)

WHAT IF IT RAINS? There is no rain date for the April 01 plan.

芝公園でお花見します!

大江戸線の赤羽橋駅からすぐのところです。
是非ご家族ご友人と一緒にいらしてください。
12時から16時までお待ちしております。
https://goo.gl/qXya2h

好きな食べ物と飲み物とクッションも一緒に持っていらしてね。
大勢でいらっしゃる場合は、敷物も宜しくお願いします。

いついらしてもいつお帰りになってもいいゆる〜いお花見ですが、ご自分が立ち去る前には必ずご自分の分のお片付けをお願いします。

雨天の場合は来年まで延期です。。。

日本語の勉強は旦那の仕事?

日本語の勉強は日本語を専門に教えてくれる学校に任せましょう!
男性の方で日本語は私が教えるという方もいますが3日続けて教えれば現実が理解できます。
つまり、説明しきれない事が多すぎます。
日本語を話す私たちには自然に覚えてる日本語ですがそれを何故、そうなのか?と聞かれた時に理論的に説明できない場面が多すぎるからです。

その言い方は日本の常識なのでそのまま覚えれば良いです、という説明は十分でないし教える方もそれ以上は説明できないのでお互いにイライラする感情が芽生えると今度は別の状況、喧嘩になるのが普通です。

専門の日本語を教えてくれる学校には半年くらい通えば十分と思います。
月曜から木曜まで毎日学校で4時間の授業、その授業に付いていくためには予習復習で毎日自宅学習で最低5時間は必要です。

これを半年間続ければロシア人でなくてもほとんどの人は他の語学学習でそれなりの結果が出るのは当然です。

問題はそのような日本語学校がお近くにあるかどうかです。
最近の傾向として諸外国から日本語学習留学生を受け入れる学校が全国に500校以上あるようですのでそのような学校を探してください。

日本語が話せればいろいろなメリットがあります。
①ロシア妻に日本人の友達ができやすい
②基礎的な日本語を話せれば簡単な仕事が見つけやすい

ハバロフクスの動画発見

Youtubeで偶然にハバロフスクの動画を見つけました。
何か聞いたことがある音楽です・・・と数秒考えたらこの動画を作ったのは私でした。
9年前には会話倶楽部ハバロフスクも運営してました。
何組かが結婚されてますが日本語のロシア人通訳の皆様がロシアの景気復活で
ロシア各地で日本語を話せるロシア人が急に人気になりハバロフクスを離れました。

日本語通訳は大学の日本語学科の先生たちが主に手伝ってくれました当時も今も先生の給料はスズメの涙状態でしたが
教職から会社員、日本語関係でモスクワやサンクト方面へ。
そして会話倶楽部の現地運営者は日本の商社へ。もう一人のアシスタントは日本の県庁でお仕事とロシア人が急に忙しくなったのは
2010年ころからだったようです。貴重な動画、と言っても作成者は私ですがハバロフスクを思い出しました。

ハバロフスクとウラジオストクは現地では隣同士の街で距離はロシア人に言わせればたったの900キロだそうです。
でも女性を比較するとウラジオストクとハバロフスクはすこし異なりました。
大学が多いのでハバロフスクの女性たちは地元ではなく地方、田舎から来てる人が多かったと思います。

会話倶楽部の既婚ロシア女性で日本籍を取得した人は何人ですか?と聞かれましたが・・・

いません! 一人だけ女性が私は日本籍を取ると法務省から手に入れた書類を自分で書き上げると頑張ってましたが今はどうなったのか尋ねてません。

日本籍にする場合はメリットでデメリットがありますので私個人の考えでは国籍変更は女性が決断することだと考えてます。
私の妻はフランス籍で日本籍にする予定は全くありません。

もしロシア女性が日本籍にした場合はロシアに帰国す際にはロシアビザが必要です。ウラジオストクは8日間はビザは必要ありませんが母国への里帰りは大体1カ月位が平均です。

国籍は簡単に変更や取戻しはできますが多大な時間と費用がかかるようです。
日本人と結婚したのだから女性は真剣に日本に住む気があるのなら国籍を変えるのは当然だと話してた男性がいました。
その方は心配性というか考え過ぎかもしれませんね。
まぁ、会員さんではなかったのでそれ以降は判りません。

もし国籍を変えるなら、結婚してすぐには申請できませんが10年後くらいに申請が出来るようですのでそれまでは国籍のことではなく二人のことを考えるのが良いと思います。

会話倶楽部ではSKYPEは利用しないのですか? 女性が嫌いますので・・・

10数年前はSKYPEを使ってましたが現在は行ってません。
理由は10数年前はロシア女性会員で無職の人がいたので仕事をしてない女性はオフィスで男性の都合の良い時間に合わせてSKYPEが出来ましたが現在は男性と女性の時間を合わせるのがほぼ不可能です、女性も仕事をしてます。

そしてロシア女性はSKYPEで話をするのは抵抗があります。
自分の顔が映るので化粧と洋服に気を配りますのでその為に何時間を費やすことでしょうか?

余談:日本在住のロシア妻は朝にごみを出すときもおしゃれをして化粧をするそうです。ロシア女性が素顔で人前に出るのは時間がかかります。

女性会員に男性の都合の良い日時にSKYPEでお話を行っていたのは一昔前の話です。また日本語通訳の確保も簡単ではありません。
SKYPEやViberでロシア女性とお話をするのはお互いに交際中の方だけが現在行ってます。

4月から10月までは日本からのウラジオストク観光訪問者がツアーで大挙来られるそうで通訳の方たちも忙しくなるようです。

会話倶楽部では通訳はロシア女性限定ですが男性通訳希望の場合は事前にご連絡をお願いします。

最近、昔日本語通訳として働いたロシア男性が復帰してます。
奥様はロシア人で中国語が得意です。男性はアメリカの大学を出てますので日本語と英語が流ちょうです。
このお二人は日本の会社で以前、何年か仕事をされてました。

交際中のウラジオストク女性を日本に招待する時の書類は自分で作成したい!

どうぞ! 招へいする男性が書類を作成するのが基本ですし料金はかかりません。一回目の書類作成はすこし大変かも知れませんがその書類つくりに慣れて頂ければ女性の親を招待する時も同じように書類作成があります。1回作成して日本領事館からビザが発給されれば次回からは簡単と思えるようになります。

書類を作成されたら日本の運営者に一報をください。書類に目を通させて戴き作成された書類のアドバイスをさせて頂きます(無料)。

招へい書類作成で大事なのはすべて事実を書くことです。
お二人が知り合った経緯や現在の関係という欄がありますので事実を書いてください。
交際を証明する写真も大事ですのでツーショット、一緒に写ってる写真はウラジオストク滞在中に何枚かは撮影してください。

知り合った経緯は会話倶楽部の紹介と書き、日本側とロシア側の運営者名、住所そして電話番号は必須です。
もし書類に不備がある場合は男性への質問、運営者への質問とその時によって日本の外務省から連絡が来ますので私も今までそのような電話を受け取ったことがあります。

ロシア女性の日本ビザはロシア女性が何らかの理由でブラックリストに名前がある場合はビザは発給されませんのでその点も来日経験のある女性の場合は事前に女性に尋ねることが大事です。

会話倶楽部のオプション料金は何がありますか?

オプションというのは会員さんが何かを特別に頼まれた場合に発生します。
日本側では入会時の料金以外には何もありませんがウラジオストクを訪問された場合は会員さんの依頼があった場合には
その依頼内容がオプションとなりますので追加料金が発生します。

①日本語の通訳は1時間25ドル(最低3時間から)
*お見合い時は通訳が同席しますがこの場合の料金はお見合い料金100ドル二含まれてます。

②空港と市内の送迎 往復で5000ルーブル
*会話倶楽部の送迎は日本語を話す人が担当しますので到着日のホテルでのチェックインまでお手伝いします。
*月曜のフライトは朝07:30発の場合も送迎料金は往復に含まれてますので時間は関係ありません。
*早朝の空港送迎(05:00)の場合はロシア語だけ話すドライバーの場合がありますが電話連絡が可能です。

③女性へのプレゼント(女性の日や誕生日の花のプレゼント)
*ウラジオの運営者に相談してください。男性の希望金額内で女性へおプレゼントの花、メッセージカードを添えて女性に
直接渡します。その時の写真をメールで男性に送ることも可能です。

④交際女性を日本に招待するときの手数料
*会員さんがご自分で外務省指定の書類を揃えて女性に渡していただければ女性がウラジオストク日本領事館で日本ビザを
申請しますので手数料はありません。

⑤ウラジオストク日本領事館ではロシア女性来日の短期ビザ(15日滞在)をご希望の場合はウラジオストクのスタッフが書類を揃えて
代理申請しますので男性会員は書類の用意は必要ありません。日本ビザが下りた場合は代金150ドルを支払ってください。

来日の時の女性の航空券代金は日程をネットで調べれば料金が分かります。
オプション代金の支払いは直接、ウラジオストクの運営者へ支払ってください。
支払いにはPayPalをお勧めしてますので事前に無料でPayPal口座を作っておけば便利です。
ウラジオストクの運営者のメールアドレスをPayPal内の支払いページに記載し送金金額(ルーブル)
を記載すればそれでOKです。

4月はウラジオストクも春になります

冬眠中のロシア人も春の訪れを待ってるのは日本で想像する以上の季節です。
道に雪が積もってないのは行動がしやすくなります、慣れたロシア人でも雪道でこける人がいます。

入会希望の女性たちがオフィスに来られるようになりますので現地ではお勧めの女性をカウンセリングを通して会員の皆様にご紹介します。

ウラジオストク人は調理でガスを使いません!

ウラジオストクに通い始めたときに気が付いたのはウラジオストクではガスを使った調理器がなかったことです。
料理は全部、電気でした。
理由を尋ねるとガスは爆発するからという返事。

ハバロフスクへ行ったときは現地の人は日本と同じでガス調理器でした。
この違いは何だろうと考えましたが
ウラジオストクでは以前はガスによる事故がありウラジオストク人は一種のガス恐怖症だったようです。
ガスは爆発するので管理がされてれば問題はないのですが当時のロシア、ウラジオストクではガスの管理が
上手くされてなかったのでしょうね。

ウラジオストクのあるバザール(当時時は売り手はほとんどが中国人)に行ったときに
私の目の前、15mくらいの距離でガス爆発が起こりました。
バザールのお店に持ち込んだガスのボンベの取り扱いが原因と後で聞きました。

来日したウラジオストク女性が我が家に来た時、ちょうど冬だったのでガスヒーターを使ってましたが
それを見て”危ない”とその女性は一瞬怖がりました。

私の説明は
日本のガス機器は使用中でも少しでも傾くと自動でガスが止ります、と説明したらすぐに理解してくれました。
今思えば、日本製品は優秀という考えがロシア人に刻まれてるようです。