1963年の映画

男性は誰だかわかる人はいると思いますが女性は・;・・
答えはEunice Gayson。といっても分からないいでしょう。
007ジェームスボンドの第二作(第一作も同じ女優)でボンド・ガールを共演した女優です。第二作は From Russian with Love(ロシアより愛をこめて)と言うタイトルだったのでこの女優はロシア系かと思ってましたがイギリス人でした。
今月亡くなられ90歳でした。逆算すると35歳の時に撮影されたので彼女は35歳でボンド・ガール?は妥当かどうか・・・
私はこの映画を見たのは1973年ロンドンの映画館でした。大ヒットのあとだったので映画館には数人の観客。

From Russian with Love(ロシアより愛をこめて)を見た後の感想はボンド・ガールには全く興味はなく映画舞台の一つイスタンブールでした。
映画館の観客の一人がトルコ人だったのでしょう、英語の映画でしたがトルコ語が頻繁に出てきて理解できるのはトルコ人だけだったのでそれを理解できたトルコ人だけが大笑いをしてたようです。
この映画で私が興味を持ったのはベリーダンス(腰振りダンス)。セクシーなダンスですのでいつの日かトルコに行きたいと考えたのを覚えてます。
ロシアへの興味は・・・ゼロでした。ロシア経由で北欧、ヨーロッパそしてイギリスに来たのでロシア(当時はソビエト)は1週間滞在したのですが名所観光以外に記憶に残ってるものはありません。ましてロシア女性が綺麗なんて全く思いませんでした。

当時の現地の美人は厚化粧と大量の香水、真っ赤な赤い口紅を塗った唇には美的感覚を感じなかったからです。
そして当時は外国人は一般のソビエト人と会話をするのが禁止されてたので別世界を狭い行動範囲とガイド(監視員)付きでちょこちょこと移動しただけでした。

将来は日本もしくはロシアはどちらが幸せに暮らせるでしょうか?

会話倶楽部を始めたころは日本からロシアに引っ越しを考えてロシア女性と結婚を考えた日本男性はいませんでした。
ただし、日本の仕事を退職したらロシアで年金生活をと考えてる人はおられましたが最近はその可能性を真剣に考える人が出てきてます。

年金以外でもロシアで何か仕事をしたい・・・と考える人は少なくありません。
日本の将来に何らかの不安を感じられてるようです。

明日にでも大きな地震や災害が発生した場合はどうしますか?
そんなことは起きないので考えないと言われたら会話が止まりますのでそのようなお考えをお持ちの方は自分を信じてください。

東北大震災の際には東京のフランス大使館から至急に日本を離れるか東北から遠いところに避難してくださいと連絡がありました。
そのニュースは東京在住のフランス男性(奥様は日本人で子供は4人)からの連絡で彼らは車に乗って奥様の実家に移動中でした。

夜の8時過ぎでしたが翌日の宮崎行の飛行機の席を探したら2席確保できました。朝の9時半発です。
当時は家猫が3匹いたのでその猫も一緒に移動すると妻が宣言しましたので同意しました。
とにかく九州で約1ケ月をのんびりと過ごしました。
宮崎でも毎日の放射能の数字をテレビで流してましたが東京や福島とはあまり差がなかったのを覚えてます。
数字はいくらでも調整可能ですね・・・。直ちには健康に被害は出ませんと枝野氏が繰り返してましたのでいつ影響が出るのか?という突込みの質問はジャーナリストは全くしてませんでしたが未知の世界の経験ですので誰も答えは持ってません。
それからしばらくして枝野氏の子供と家族はオーストラリアもしくはニュージーランドに滞在してるというニュースが出ました。

当時のロシアの反応は
日本に住むロシア人はロシアに戻るようにとチャーター便が成田に飛んできましたので連絡を受けたロシア人が帰国したようです。
結婚してるロシア女性の日本の旦那さんたちは?どうなったでしょうか・・・
ロシア妻の旦那さんもロシア妻と一緒に帰国するのは当然ですが問題はロシアビザでしたがロシアビザは成田空港で緊急ビザを発行しますのでとにかく成田空港に集合してくださいと連絡がつくロシア人には連絡が回ったようです。

私の会員さんの中では一人だけ空港でビザを発行してもらいロシアに戻った人がいますが他の旦那さんたちは・・・緊急事態でも健康には被害がないのでっ仕事が優先というか即ロシアに飛ぶという判断は出来なかったようです。

「マスクしていたらチューできないな」町長発言 日本の将来は・・・

出典:読売新聞

奈良県大淀町の岡下守正町長(73)が、町体育協会の会合前に、町内の女性に「マスクしていたらチューできないな」と発言していたことが、7日の町議会一般質問で明らかになった。
岡下町長は「女性や出席者に不快感を与え、反省している」と陳謝した。

岡下町長の説明では、5月7日夜、町役場で開かれた同協会の理事総会前に発言した。別の出席者から注意されたが、「旧知の仲だからかまわない」と答え、発言を取り消したり、女性に謝罪したりしなかったという。岡下町長は「セクハラの意図はなかった。冗談だった」と釈明した。

 

こんな記事を読売新聞が出すのが変だと思いませんか?
町長の同級生なのでお互いに73歳です。
女性に尊敬を持つ人だったらこんな発言はしないでしょうが日本のジョークのレベルです。

アメリカでウーマンリブ運動が始まった初期の段階と似てるというひとがいます(私のパートナー)。1960年代の話ですので日本は58年遅れてるのでしょうか?

アメリカで同じ発言をすればどうなるでしょうか?
誰も気にしないか女性がチューよりフレンチ・キスをして・・・と男性に言い返す可能性もあります。

言葉に敏感というか異常です。
ロシア女性だったら・・・日本女性と同じ反応はしません、と断定できます。

女性に
”あなたは彼氏がいるのですか?”と質問してもセクハラと言われるそうです。
女性にブスと正面から地位がある人が言ったら大騒ぎになるでしょうね。

ウラジオストク運営者 ただいま帰省中

今月は会話倶楽部入会委希望の女性が何名かいるのですがウラジオストクの運営者が家庭の事情で帰省中(アルタイ)、昨年はお父さん、今年はお母さんが高齢のため急遽の帰省です。帰国予定は25日。
ウラジオストクに戻り次第すぐに女性入会希望者の面接を行うそうですのでしばらくお待ちください。

アルタイ・・・日本ではほとんどなじみのない場所ですがロシアではシャングリア(理想郷)と呼ばれる地域です。

モンゴルの奥地は未知の世界、何てタイトルで紹介されてるモンゴルの奥地は想像が出来ませんが地図で見れば世界は繋がってますので未知の世界はアルタイ地方です。自然保護区で道路が少なく工場もありません。もちろん鉄道も走ってないのでロシアの自然がそのまま残ってる場所です。

ロシア人の保養施設等があるようですので本当の自然を求めるなら地平線が見える場所であり自然の場所ですのでロシア人には人気があるようですが日本ではいつかは紹介される場所でしょう。

私もまだ行ったことがありません。

冠婚葬祭

結婚式は目出たいことですが葬式は冗談も言えない儀式です。
父が89歳で亡くなり葬儀に出ましたが家族からは黒い服とネクタイが必須と言われ葬式に出るのを辞退しようと考えました。

理由はそんな服を持ってないからです。
父の古い喪服(ネクタイを白にすれば結婚式用?)を2万円で下取りしてくれるお店があると紹介されました。
古い喪服は使い道がないのに2万円で下取りするのは何か変です。

新品の喪服は4万9千円なので下取りで支払う金額は2万9千円だそうです。
こうなると原価を考えてしまいます・・・。
我が家では初めての葬式で勝手が分かりませんが業者の方たちが親切に教えてくれました。私の喪服は父親の喪服を試しで着たらなんと着れるではありませんか!

日本人は葬式費用は多くの人が用意してるそうですが最近の世の中では葬式費用を払わない人もいるので依頼するときに何か支払いの証明書の提出が必要だそうですのでお金のない人は葬式は出来ません。

結婚式の場合は形式的にする人と無駄遣いはしたくないという現実派がいるので服装とかは気にしなくても良い場合がありますが日本式のお金を包む祝い金?の相場はだんだん上がってるようです。

私の家族から あなたの香典が無かったと言われました。
子供が親の葬式に出るときに香典を包むのは常識だそうです・・・。

ウラジオストク交際女性を日本に招待 一回目の来日は15日間 その⑤ 洗濯②アイロン

ロシア女性と結婚そしてアイロン?
と関連性が理解できない方もおられるというかそれが普通です。

が、ロシア女性とアイロンは密接な関係があります。
ウラジオストクから結婚で来日した女性が日本に持ってきた花嫁道具に
アイロン台があります。これは結婚相手の男性がアイロン台はどんなのを持ってますかと交際女性から質問され私に相談が来ました。

ロシア人、特にロシア女性はオシャレですので決してしわのある洋服は来ません。ロシアでクリーニング屋に洗濯を頼む話は女性から聞いたことはありません。私が想像するロシア家庭の夕食後のイメージは・・・

夕食が終わって家族一同が今でテレビを見てる場面。
家族全員がいますがお母さんはなぜ仕事をしてます。夕食後の仕事はお皿洗いやその他といろいろありますが家族でテレビを見てるときはお母さんも一緒にテレビを見ながら家族同士でわいわいテレビ内容を言い合ってるのですがお母さんは仕事をしてますが話に加わる仕事です。
何でしょうか?とクイズになる問題ですが答えはアイロンかけです。

日本のアイロン台をお持ちの方はどんなアイロン台なのか分かりますがロシアのアイロン台は日本と異なります。台というより・・・机です。
つまりアイロン机(4足のテーブル式)です。

立って行えるアイロン台です!
日本の場合は座ってアイロンをするのが普通ですしある男性はウラジオストク妻に日本のアイロン版を机においてすれば一緒でしょう!と答えて喧嘩になった人もいます。

ロシアの文化はアイロン机ですしロシア女性はアイロンを行うのはアイロン机ですのでロシア文化を尊重します。

結婚で来日する女性は花嫁道具としてロシアからアイロン台を抱えて来日しました。

ウラジオストク交際女性を日本に招待 一回目の来日は15日間 その③ 女性の仕事は家事一般を・・・

15日男性宅に滞在するウラジオストク女性はどうやって時間を過ごすでしょうか?
これは男性の仕事、帰宅時間によりますのでお二人で事前に話し合うことが必要ですがウラジオストク女性の家事能力を知るチャンスです。

ウラジオストク女性で料理が得意でないという人はまずいませんので女性は男性の夕食や朝食をどう作ってくれるのかと楽しみとなります。

事前に食材を購入するのは当然ですが調理器具等が日本とロシアでは異なる場合が多いので何が異なるのか?文化の違いですがそれに興味を持ってお互いの文化を理解しあいましょう。

ウラジオストクではガス器具は使いませんのでウラジオストク女性の中にはガスの調理器具を怖がる人がいます。日本のガス器具は正しく使えば問題はない点や万が一の場合は自動消火装置があるなど説明をすれば女性は安心します。

ウラジオストク女性に料理を任せるのは問題はありませんが男性もたまには、料理のできる人はちょっと才能を女性に披露するのも良いのではないでしょうか?あなたが料理が作れない時は私がします!というセリフも良いと思います。

ウラジオストク交際女性を日本に招待 一回目の来日は15日間 その② 電話連絡を小まめに

女性が来日中は電話連絡を小まめに!

男性の家にネット回線があると思います(Wi-Fi)
ウラジオストク女性のほとんどはスマホを所持してますので女性が来日中、そして男性が仕事に出かけてる場合はネットを介しての会話は可能です。
一日何回と回数は指定しませんが女性は一人きりであることを考え時間がある時は電話をして話をしてください。

その時の女性の反応をみれば女性がどんな状態なのかと予測できますね。
また、自宅に帰る時は事前に到着時間を女性に連絡するのは最低限守ってほしいエチケットです!

ウラジオストク交際女性を日本に招待 一回目の来日は15日間 その①

女性来日の目的は男性の住む場所の住環境を知ってもらうためです。
交際女性とこの15日間に何をするかは事前に話し合ってください。

決して観光目的ではないことをお互いに理解してください。
男性は女性が来日中の期間は普通に仕事をしてください。
無理して休暇を取る必要はありませんし目的は生活環境に見てもらうためですので観光は一回目の来日の際は男性が休日を利用してちょっとした観光を行ってください。

結婚した場合は女性はどのような生活を日本で過ごすことになるのかを知ることが第一の目的ですので無理をしてあちこち連れまわる必要は絶対にありません!
女性は男性の家に住み近所を散策したりして時間を過ごします。

買い物(食料)に関してはお近くにスーパーがある場合は必ず一緒に出け日本での買い物の方法をサポートしてください。
品物には値段が張ってあるのでそこまでは必要ないでしょうという方もおられましたがあなたがロシアに住む場合やウラジオストクに滞在中に現地のスーパーマーケットでは日本と同じように値段が張ってありますが実際に買うとなるとパニックになることがありますのでウラジオストクを訪問されて現地のスーパーで実際に体験していただければ理解できると思います。

男性の中には多少のお金を渡せば女性はお店で買い物ができると考えてる方は少なくありませんがお金の価値が漠然としてる場合(これも男性がウラジオストクに滞在すればわかると思いますが紙幣やコインが混じると意味不明になる場合があります)。買い物に慣れるまでは時間がかかりますのでなるべく食品の購入などは女性と一緒に出掛けてください。

ウラジオストク交際女性を日本に招待 日本到着空港

現在は成田-ウラジオストク間は毎日のフライトがありウラジオストク女性の来日は日本人の海外旅行時期を外せば席は取りやすくなってます。
また飛行機代金もネットで調べることが可能です。

航空券代金はウラジオストクの運営者のPaypal口座へお支払いください。代理購入を行い日本ビザを取得した女性会員に手渡してます。

成田空港が現在のお住いの場所より遠い場合は
ウラジオストクから韓国(ソウル)経由で日本の各地の空港で韓国からの飛行機が到着してる空港へのチケット購入も可能です。
ネットで料金が調べにくい時はウラジオストクで販売されてる航空券の代金をお知らせします。

例として
ウラジオストク-ソウル-名古屋-ソウル-ウラジオストクの往復フライトの場合は時期によりますが750ドルから850ドルくらいとなってます。

会話倶楽部では15日日本滞在ビザ+お近くの空港までの往復チケット
最高でも1000ドルとお考え下さい。