ウラジオストク女性と日本食

ロシアと日本の食事はほとんど共通点がありませんがウラジオストクでは日本食レストランは15店ほどあり値段的には高価ですので一般の人が気軽い行ける場所ではありません。高価なものは特別な素材そして味付けと想像すれば日本食は嫌いという食べず嫌いの人はまずいませんね。

そしてウラジオストクは港町なので魚に抵抗のある人も少ないようです。
ただし、ロシアは民族を混ぜてるのでロシアの山岳部や魚のない地域で生まれウラジオストクに越してきた人の中には魚にちょっと抵抗があるかたもおられる事実もあります。

海苔は嫌いだという人も少なくありませんが寿司が世界的に有名になってるので海苔巻きやお握りがウラジオストクの普通のスーパーで売られてます。

日本独特というか関東の定番である納豆・・・これは人によって好みが分かれるようです。発酵食品ですので健康な食べ物と理解して抵抗なく納豆を食べる人や納豆の匂いに耐えられない人もいます(私も納豆は苦手です)。
そしてウラジオストク人の中には今から日本に住むのだから旦那さまの好物を私も食べなくてはと気を配ってるうちに好物になった人もいます。
結論としてはウラジオストク女性は何でも食べてくれると考えても良いのではないでしょうか。