国際結婚の離婚理由・・・

恋愛結婚で結婚した場合のカップルの離婚理由の第一の理由は
お互いの愛情が薄れたという理由と思います。
愛情が薄れる理由はいろいろありますね。

ウラジオストク女性の場合は男性の態度が・・・
”釣った魚にはエサはやらない” 実際にウラジオストク女性二人からのこの言葉を聞いたことがあります。この言葉が女性から出てきたら要注意です。が、男性は気が付きません。
男性にすれば専業主婦で毎日好き放題に過ごせる環境、小遣いもたっぷり毎月あげてるので女性から離婚しましょう、と言われたらびっくりです。
お金で女性を引き留めようとしたら絶対に失敗します。男性はお金をあげることで自分だけの満足感にいる場合があり女性の心理を考えないのでしょうね。

お金持ちですと女性に自慢するのはとんでもないことですが逆に私は貧乏系ですと最初から警戒して防御線を張るのも問題ですね。

ウラジオストク女性は別に金持ちやハンサム男性と結婚したいわけではありません、ただ単にロシア男性と結婚するより日本男性のほうが幸せな家庭を築けるのでは?と日本に関するいろいろな情報から日本男性と結婚を考えます、というのが現在の会話倶楽部女性会員の結婚理由です。

普通に平和な家庭を一緒に築きましょう、と恋愛中に話し合うなかで金銭に関してはロシア女性が普通に考える”共稼ぎ”の話をお二人でするのが大事です。
その話の中で交際女性がどのような生活を日本で希望してるのか、そして彼女の考える日本の生活が自分としては問題ないかとお二人の将来を考えることが大切と思います。

共働きは当然と考えるのはウラジオストク女性や欧米女性には普通のことですので日本で住むときの女性の仕事はなにがあるのか考えてください。

来日したばかりの時は日本語を勉強するのが最初の仕事ですので周りにレベルの高い日本語を勉強できる場所、学校があるかどうか調べてください。

日本語学校に数カ月通えば簡単な日本語はできるようになるので簡単なアルバイトに就くことをお勧めします。アルバイトで稼ぐお金は女性の小遣いですね。仮にその小遣いが増えたときはロシア妻からお二人の生活費の一部として出してもらうことも可能ですしそれを嫌がる女性? 事前に話し合えば女性の金銭感覚が理解できますね。そこで女性の考えが異なるときはお二人で話し合って今後を決めてください。結婚してから女性の金銭感覚を話し合うのでは遅すぎます!

私のパートナーは来日して最初の仕事は皿洗いでした!
私は彼女の仕事が終わるころにその場所に迎えに行ってました。

彼女には来日する前に日本までの航空券を買うお金がないので1500ドル貸してくださいということで来日したので彼女は早く仕事をしてその飛行機代を払いたがってました。アルバイトを三カ月続けてその借金を私に払った時の彼女の安堵間のある笑顔を忘れてません。
そしてそれから数カ月して入籍をしました。