まだ中国女性と結婚を希望してる人がいるようです!?

20数年前に中国のハルビンと大連で会話倶楽部を運営し縁組を行ってましたがすでに中国女性の紹介は10年前に終えてます。辞めた理由は結婚カップルの意思疎通が全くない結婚は長続きしないからです。当時は1週間の滞在でお見合いから結婚式まで終えるのが普通でしたが現在は少し変わったのでしょうか?

中国女性はとにかく優しそうな男性なら結婚を決意し男性は1週間で100万円以上払っても結婚相手が見つかりお見合い-結納-結婚式-帰国というシステムでした。中国は夫婦パスポートがないと一緒のホテルには滞在できませんので帰国前にはそのパスポートが出来上がるので帰国前に初夜を迎えることになります。
とにかく結婚したいという方には都合が良いのではないでしょうか?
当時は大卒女性を日本男性に紹介してましたのでレベルは高い女性たちでした。

時々ロシアにも中国と同じシステムで結婚ができると問い合わせをしてくる人がいますがロシアと中国は全く異なります。

ネットで見かけた中国関連会社の料金
会話倶楽部では料金を明確に表示してますので結婚手続き費用等はありませんし成婚料金もありません。中国の場合は現地で結婚手続きをする必要がありますがロシアの場合は結婚手続きは日本で会員さんができますので無料でアドバイスを行ってます。

中国は結納金というのは上流階級だけでしたが日本男性は日本の習慣と考え今でも結納金を払ってるようです。
ロシアでは結納金はありません。仮に結納金はと女性の親に質問した男性は女性の親から ”娘にお金を払うのは日本でやくざに売り飛ばすのですか?”と怒られて人もいました。日本語通訳が日本の習慣を説明して事なきを得ましたがロシアには結納金はありません。

結婚式は現地で結婚する場合は男性は宗教をロシア正教徒にする必要があり結婚許可が下りるまで1か月かかるので最低でも2回訪ロする必要がありません。

ロシア女性との結婚は日本でするのが簡単で必要な書類はロシア女性が独身である公的証明書を日本のロシア領時間で日本語書類を作成してもらいそれを婚姻届けをする役所に提出するだけです。