お見合いという言葉・・・ロシアにはありません!

日本的というかアジアの習慣というべきなのか欧米やロシアにはそのような習慣がないので最初の実際の出会いの場をお見合いと言ったらお見合いで会った女性と意気投合したら次は結婚と考える人、日本男性はまだおられるようです。

会話倶楽部ではお見合いでなくMeeting(出会い)という言葉をできるだけ使うようにしていますがお見合いの経験がない人でも実際にウラジオストクで女性会員と初めて会って意気投合?(男性の解釈に寄ります)と思った場合、次は結婚と考える人がおられ結婚式のスタイルや新婚旅行はどこにしますか?と質問する人がたまにいます。

そのような質問をした場合、相手の女性はどう考えるでしょうか?
ロシアでは結婚式はすべての人がする訳ではないし、ましてや新婚旅行は一部の人たちだけです。という実情を私が書いたり離したりするとロシアは貧しいからそんな結婚の儀式ができないのだなぁと勝手に解釈されそれをロシア女性に提供すれば喜んでくるだろう・・・という男性の考えなのでしょうね!?

初めてロシア女性に会って意気投合したら結婚前なので妊娠しないようにコンドームを用意してるのは男性の優しさ・・・とまで考える人がいるのも事実です。

Meetingとは最初の出会い、お互いに初めて会うので緊張しています。そんな場でいきなり結婚式は?新婚旅行は?と聞かれた女性はその場で泣き始めたことが実際にあります。
女性にすれば日本男性との初めてのMeetingでどんな男性なのか?と興味と不安の場で考えてもないことを質問されてビックリしたようです。

翌日女性の母親が私と話をしたいと現地のオフィスに来られました。
”娘は真剣に結婚を考えてますのでお互いに交際しお互いを理解したうえで結婚を考えるのがロシア女性です。結婚式や新婚旅行は結婚することをお互いに決めたときにする話題ではないでしょうか?”

ごもっともな考えだし私も同じです・・・とそのときそのお母さんに答えた記憶があります。

ロシア女性と結婚を前提に交際が始まるとお互いに相手を知りたいと考えるのがロシア式で最低でも半年くらいは男性をいろいろチェックしています。
その半年、人によっては短い場合や長い場合があります(結婚相手を親に紹介するためには女性がその男性と結婚したい考えを父親でなく母親に分ってもらいたいからです)。

親に紹介されるまでに男性が行ってはいけないタブーは女性にセックスを求めることです。
交際中にセックスを求めたりほのめかしをすれば女性心理は
”この男性はセックスだけが目的なんだ!”と女性が考え始めたらお二人の関係は終わりです!”