ロシアの家では靴を脱ぎましょう!

外出用の靴を家で履く習慣は多くの国で一般的だが、ロシアは違う。実際、この行為はロシア人を心底驚かせてしまう!
これはブーツやコートを着用したままベッドに入るに等しい。ロシア人は必ず帰宅した時点で靴を脱ぎ、スリッパ(ターポチキ)に履き替える。
裸足で家に上がることは稀だ。
家族の一人一人が一足、時に冬用と夏用の2足のスリッパを持ち、さらには客用にも何足か置いてあるのでロシア人の家に招待されたら家に入った時はお客さんようのスリッパが出されるのでそれを待ちましょう。

同じことが部屋着にも当てはまります。
家で着る服と外に出るときの服装は変えなければなりませんが一人暮らしの人はその習慣がない人は少なくないですね。会社に着ていった服装のままで家でくつろぐ光景はロシア人には大ショックです。

パジャマは就寝時にしか着ないので帰宅後にパジャマに着替えたら・・・実験してロシア女性の表情を確認してくださいロシア人は着替えるのが好きで、丸一日同じ服で過ごせる人の気が知れないのである。そしれアイロンが大事ですので皺のある服はデート時やお見合いの時は女性がびっくりするのでこれは試す必要はありません。

非日常的な行動がしたいと考えてる人たち・・・

渋谷のハロウィーンが死者がなく終えました・・・。
宗教的なイベントですが日本人には関係ないイベントです。
いろいろな専門家が分析してるようですが一番気になったのは

非日常的だからハロウィーンに参加したという理由の人が多かったようです。
つまり、毎日の生活が”つまらない”と考えてる人が多いのでしょう。

毎日がつまらない・・・解決策は自分で考えるしかないですね。
何も考えないで日々を過ごせば時間はあっという間に過ぎていきます。
つまらない毎日という人は自分の存在価値をどう考えてるのでしょうか?

楽しかったから来年のハロウィーンにまた参加したいと考えてる人もおられるようです。あと一年ありますが・・・と言いたくなります。

渋谷のハロウィーンって集まるだけで目的地はありません。ただいつもと違った服装、仮装をしてスマホで写真を写すだけで他の目的はナンパだそうです。

東京マルイから注意が出てました。

東京マルイというのはガンメーカーでおもちゃの銃を製造してる会社です。
サバイバルゲームでおもちゃの銃をもってちょこちょこ走る回る戦争ごっこが日本では人気です。子供でなく大の大人の遊びです。
銃規制で日本はおもちゃでもメーカーの自主規制でいろいろな制限がつけられてますが私も数年前に渋谷のハロウィーンで軍服姿で銃を持ってる人たちを見たときはビックリしました。

ハロウィーンが目的でなく自己主張をするために奇抜な恰好をしてるようですが知らない人が見たらパニックになります。軍服姿と銃を持って電車に乗って渋谷までやってきてるのでしょうね。