結婚したら次は子供造り・・・ちょっと待ってください。

結婚する理由は日本が持つ本能、男性は自分の子孫を残すこと。女性は本能で男性とは違う子供をもつ本能で子供を守ることと男性とは子供に対する考えが異なります。

男は子孫繁栄ですので結婚したら堂々と自分の子造りに励みたいようで女性がお同じ考えなら結婚して一年後には子供が出来ることを期待してるようです。
が、子供が出来たら女性は安心して子育てができるかどうかを見極める考えを男性が理解すれば問題は起きません、両者が協力することで複数の子供そして幸せな家庭が気づけたのが今までは普通でした。

これが国際結婚の場合は状況がことなります。
夫婦なのだから毎日セックスに励めば授かれるものは自然に誕生します。
国際結婚の場合は子供を産むのは女性が外国人の場合は・・・ウラジオストク女性から理解できたのは子供造りは女性が日本の生活に慣れ日本語が普通にできるようになった時に子造りの開始になります。

平均的に結婚して2年から3年目が会話倶楽部での平均的な期間です。
が、男性の中にはこれは間違いだと言い出した人もいました。

結婚したのにウラジオストク妻は今は子供を作りたがらないという相談です。
相談というより怒りの声、女性の結婚は子供を作りたくないのは最初から女性がそんな気がなかったからという怒り。

男性と女性の将来予定の違いです。結婚前に子造りの話をしてれば女性の意見も聞けますし結婚後も問題は起きないのですが・・・
コミュニケーション不足というか肝心な話を結婚前にすることはたくさんありますね。