ウラジオストク女性との通信手段 その2・メール?

女性との通信手段方法をオフィスに来られた方と話してる時に話し合いました。
通信手段には
メール、Viber, Line そして whatsapp というのはIT関係の方なので知っておられます。ロシアにパソコン、そしてスマホが登場するまではパソコンは一般向きではなかったので10年くらいは今考えれば旧式でしたね。

メールは会話倶楽部のオフィスに送ると女性に男性からメールが届いたと電話で伝えると女性がオフィスにメールを取りに来られるのでプリントして渡し女性は家に戻ってメールを読んで返事を書いてオフィスに持ってくるという形式です。
1通のメールの返事に1週間かかることも珍しくなかったですね。

日本側からすればオフィスでメールを読んでその場でメールを書いて送り返せば時間の節約になるのではというアドバイスもありましたが相手は日本人でなくロシア人です。文化の違いがありますが”時は金なり” Time is money が美徳と思ってる人にはロシア人の反応が理解できませんでした。理解できないと他のロシア人の行動や言動から悩まされるでしょうね。

理解できないときはどうしてですか?と質問を自分勝手に結論付けるより文化の違うロシア女性に尋ねれば女性が説明をしてくれますので ”なるほど” と思い直すことが出来る可能性は高いです。理解できないなら・・・同じような誤解から生じるトラブルが起きる可能性がありますのでそれが続くとどうなるでしょうか?

会話倶楽部では会ってもない女性との交信は認めてません。
気の利いたメール内容をかける人なら問題ありませんが男性が女性に各メール内容は女性が期待してない内容がほとんどです。女性がメールを読んでこの男性はどんな人かな?とメール内容から想像し期待できる内容がお勧めです。

自己紹介やあなたは美しい、趣味の紹介やその他・・・
実際に女性を目の前にして話すなら相手の反応を感じれるので女性が興味のない表情だったら話題を変えることが出来ますがメールでは出来ませんね。