ウラジオストク女性との通信手段 その1・Skype?

15年前に会話倶楽部ではSKYPEを採用してロシア女性との交信に使いました。
日本とロシアは時差が1時間なのでお互いの都合の良い時間を指定することで可能でしたが・・・半年くらい続けて止めました。

理由は
当時のロシアのインターネットは従量制でネットに繋いでる時間、そして接続内容で動画やSkypeは大量の通信量を使ったので通信費がロシア側でびっくりする料金になったようです。1時間で800円くらいだったと覚えてます。
男性がその料金を負担してくれてもロシア人の感覚からは高すぎる通信料金だったようです。ロシアは現在はケーブルテレビとネットがセットになってる契約をすればネットも使い放題です。

次は言葉の問題
間に日本語通訳を挟むと日露間での意思疎通は出来ますが表面的な話しかお互いに話すことは出来ませんしロシア女性は直接会ったこともない人、他人に聞かれる話を通訳を介して行うのは嫌だというのは当然です。

直接会ったことのない人と何を話すのか?
を考えたら30分女性と会話を、相手に飽きを越させない話が必要です。