プレゼントとお土産の違い

ロシアにも日本と同じでお土産を渡す習慣があります。
来日したロシア人が帰国するときは飛行機の超過料金を払うほど大量にお土産を買う人がいます。
お土産というは本人ではなくロシアの友達に帰国後に渡すお土産ですのでお土産が多い人は友達がたくさんいるという意味です。
ウラジオストク女性を見てると帰国数日前からお土産買いが始まります。
頭の中には友人リストがありその友人に見合うお土産を買いますので結構時間がかかります。大事な友達にはお土産ですと自信をもって渡せるものを選びそれなりの友達には100円ショップで買い求めてます。

なぜお土産を渡すのか?
それはその友達から何かしらのお土産を貰ったことがあるからです。
特に日本に行った場合はお土産以外に日本の話、体験談を聞きたがるので友達の家に行ったり家に招待したりして日本の話をするのが普通。

日本男性がウラジオストクへ女性とのお見合いに出かけるときは何かしらのお土産を持参したほうが良いですね。
決して高価なものは必要ありませんしロシア人はお土産返しの習慣があるので高価なものを貰うとお返しが出来ないので女性に負担、気まずい思いをさせることになります。高価なものを渡すと その場で受け取りを断る人もいますので驚く前にロシアの習慣を思い出してください。

何がお土産で一番喜ばれるでしょうか?
日本に興味を持ち、もしかしたら日本に住むかも知れないので日本の文化を感じられる何かがお勧めです。
もし、その何かが分からないときは
手ぶらで結構です。女性には日本の習慣です・・・と言い訳してください。
ロシア女性も初めて会う男性からお土産(プレゼント)が貰えるとは思ってませんので女性の期待を裏切ることにはなりませんが何かを渡したほうが男性のポイントが上がるのは当然です。そしてそれが女性が本心から”嬉しい”と思ってくれるものは最高ですね。

何かのアイデアが出ない時は何も買う必要はありません、というか買わないでください。日本的感覚でこれくらいで良いか・・・と空港のお土産などはあまりにも安っぽいのは世界共通です。

ウラジオストクの運営者がなんども言ってるのは
ロシア女性が不信がるようなお土産だったら渡さないでください!という言葉は今まで何度も言われました。

自分が貰って嬉しいと感じれるものが良いのではないでしょうか?
そのお土産の説明を女性に出来ますので。