女性の食事代は男性が持つ!?

ロシアではデート費用は男性が持つ!というのが普通です。男性が女性の倍以上の収入なら男性も食事代は払います、
というのが日本では普通だと思います。
ただし、女性の中には・・・特にヨーロッパでは女性は食事代は割り勘を主張する場合もありますがロシアではほとんどありません。
理由はレストランの食事はロシアでは高すぎるからです。

また、女性の中には男性がなぜデート代でない食事代を払ってくれるのか?と男性のスケベ心を見抜かして場合が少なくはありません。

ロシア女性に食事をおごれば”ありがとう”ですみますがヨーロッパの場合は
”あなたは何を期待してるのですか?”とまっすぐな質問をしてくる人もいます。
多分・・・男性のスケベ心を女性が見抜いてるかもしれませんがヨーロッパのエチケットでは割り勘が普通と思います。

一度だけウラジオストクで女性が奢ってあげますと言われたことがあります。
女性とボーイフレンドと一緒に食事をしました、その時彼女のロシア人のボーイフレンドが一言!
”私もびっくりしました。ロシア女性が食事代を払うのは普通ではありません!”

女性にそのことを尋ねたら笑いながら
”気分が良くなった臨時収入が入ったので・・・!と笑ってました。
その女性は今はオーストラリアの国籍を取ってシドニィーに家族で住んでます。
昔はロシア人はオーストラリアやニュージーランドに簡単に移住できたのでウラジオストク人も結構オーストラリアに住んでるようですが収入は高いけどやっぱりロシアが恋しいと言ってます。

ウラジオストクのレストランは日本並みの料金なので日本人には高いとは感じませんがロシア女性には高価ですが男性が期待する効果はありません。
女性の中には初めて行くレストランで男性との話よりレストランを見回すのが忙しい人もいました。
そしてもっと大切なことは・・・
レストランのメニューを見ても私たちがロシア語で書かれたメニューは理解しがたいですがロシア人にとって
ロシア語で書かれたメニューも分からない人が多いです!
最近はメニューと一緒に料理の写真もあるので想像は付きます。

女性が初めてのレストランの場合は女性にメニューから選んでください、というと女性の中には困る人がいます。現在は写真があるので便利ですが全部のレストランで写真があるわけではありません。
気を配れる男性なら女性がメニュー選びに困ってるときは
”何が食べたいですか? 私が選びます・・・”という優しい言葉が必要な時もあります。

気軽に食事を楽しいたいならわざわざレストランに行くよりもウラジオストクの町中にたくさんあるカフェがお勧めです。
カフェだったら女性も使ったことがあるはずですし軽食や食事もあります。