田舎っぺと言われたNさん・・・トラウマは残ったようです

モスクワで田舎っぺと言われたNさん・・・トラウマは残ったようです。
東京の日本語学校に通ってるときにモスクワのロシア女性がクラスに加わったそうです。が・・・モスクワ女性はNさんが田舎者と見抜きロシア人同士なのに一言も話しかけてこないそうですのでNさんから話しかけたそうです。
ロシアの田舎者とは話をしたくない、という雰囲気をすぐに察したそうですが結局はNさんが日本情報に詳しいしのでいろいろ質問に答えてるうちに仲良くなったそうです・・・。

ロシアはウラル山脈を挟んでヨーロッパとアジアに分かれると言われてますが意味はヨーロッパ側のロシア人は自分たちをヨーロッパ人と考えるのに対してアジア圏に住むロシア人、ウラジオストク人は自分たちがヨーロッパ人とは全然考えてません。何人ですか?と突っ込めば・・・返事に困りながらロシア人ですと笑いながら答える人が多いですね。その違いがモスクワなどの自称ヨーロッパ圏のロシア女性はアジア人を見下げてみる人も少なくないですね。
日本人はもちろんアジア人の一人ですので冷たい視線は避けられないでしょう。

Nさんは活発な女性でちゃんとした躾を受けてるので他の人に対して失礼な態度はとらない人ですがその彼女が珍しく怒ってました。彼女の言葉によれば見下した感じだったそうです。彼女のウラジオストク時代には会話倶楽部の日本語通訳をしてましたが担当した日本男性にが帰国するときは手書きのメッセージとウラジオストクの思い出として小さなプレゼントを渡してました。

日本の弁護士さんと結婚し結婚式はウラジオストクのあるホテルで男性の家族も出席したのですがNさんの親族を紹介されて緊張したと後で話してくれました。
男性は日本の某大学を卒業しアメリカで弁護士の資格を取り帰国した人ですがその人がびっくりしたNさんの親族は
オジサン・・・副知事、おじいさん・・・もと議員そして彼女の両親は大学教授と田舎?を想像させる雰囲気は全くありません。

Nさんのお父さんと話したことがありますが何と12か国語を話せる人でしたので日本語で話をしました。

ロシア女性のある長所にその時気がつきました。
交際中の男性には親の話や仕事はほとんど話さないことです。結婚するのは女性自身で家族親戚は関係ありません。
ある時はロシア全権代表という肩書の方にも会いましたし旧KGBの極東のトップにも会いました。全然、威張ってるという感じがなかったですね。
それぞれ娘さんたちが日本人と結婚するかも知れないということで会ったのですが・・・それぞれの女性と付き合いが始まってた男性会員は女性から一言もお父さんの話は出なかったそうです。

ウラジオストクは田舎者・・・

私はロシア全体が欧米諸国とはことなる異次元の国と思ってましたが今のロシアの各都市は西側みたいな街づくりでロシアのイメージは地方都市しか残ってないようです。
そして大都会に住むロシア人の中にはウラジオストクを田舎と差別視する人もいるようです。家族でモスクワ空港のトランジットで待ってるウラジオストクのある家族が待合室で家族親戚一同が話をしてる時に空港の女性職員が一言・・・

”田舎の人はすぐ大声で話をする”という嫌味な言葉が聞こえてきたそうです。
それを耳にしたNさん(私のオフィスで働いてた女性)が負けじとその女性に一言・・・
”そうです。私たちはウラジオストクから来てますので地理的には田舎っぺ”ですと言い返したそうです。
なぜ、モスクワの人はそんな発言をしたのか? ロシアって方言が少ない国でロシア語は同じではないですか?と疑問を持ちました。

ロシアでは田舎っぺは早口で話すそうです。他のウラジオストク人にそのことを尋ねたら ”そうですね。ウラジオストク人は早口で話すのが普通です”。

早口で話す人は頭の回転が速いからという事実もあります。これは世界共通ではないでしょうか?

ロシア女性はアメリカ人と結婚したがってる

ある男性からの質問にびっくりしました。
ウラジオストク女性が日本男性と結婚したのは本気でなく本当はアメリカ男性と結婚したがってるでしょう!? という質問です。
なぜ、男性がそんな風に考えるのか?と男性に逆に質問しましたが明確な返答ではなくそう感じるからだという返事。
男性にあなたはアメリカ女性と結婚したいですか?と質問したら

”アメリカ女性は相手にしてくれない”という返事でこの男性は何を基準にそう考えるのか不思議でした。

この質問をウラジオストク女性に質問してください、とアドバイスをしましたがアメリカ人と結婚したがってるロシア女性と結婚しても彼女は本気でないから・・・と堂々巡りの会話で埒があきませんでした。戦後の日本の自虐史観で頭が凝り固まってるのでしょう。

会話倶楽部ではアメリカ人がウラジオストク女性に挑戦しにウラジオストクに出かけ用としました。

事前にメールの交換を行い近いうちにウラジオストクで会いましょうとお見合いを設定してたのですがメール交換が途中で終わり女性がアメリカ人に会うのをキャンセルしました。
彼の英語メールが長すぎて質問がたくさんあったというのが後でウラジオストクの運営者から教えてもらいました。
英語が出来る女性でしたがアメリカ人のメールの質問にどう答えれば良いかと考える中ですべての質問に答えるのが苦痛になったそうです。
彼はロシア語も勉強し宗教もロシア正教会に入会してロシア女性を迎える準備は出来てたのですが・・・。

お見合いの設定をしないでウラジオストクへ向かい現地で希望女性に運営者が今、あなたに会いたいアメリカ人がオフィスにいますけお見合いを承諾しますか?と質問したら5人中3名が断ったそうです。

理由はその男性がアメリカ人だからです。
アメリカ人だからという理由を聞いてそのアメリカ人は怒り始めたようです。
私に会って話をしてから断るなら理解しますが合わないで断るのは失礼だ・・・という怒りです。

彼には日本を出る前に
ロシア人はアメリカ人が嫌いですよ!という話は何度もしてたのですが・・・。
結局は結婚しました。何回彼はウラジオストクに通ったでしょうか?
アメリカ籍なのでロシアビザを取得するのは大変でした。日本人と異なり申請書類の枚数が多くいろいろな質問がありました。

当時はロシア人はニュージーランドやオーストラリアに簡単に移住が出来て私の知ってる人もオーストラリアに夫婦で渡りましたしウラジオストクにはオーストラリアの領事館があるのでオーストラリア男性もウラジオストク女性と結婚する人たちがいました。

ロシア人とオーストラリア人は外見は同じですが考え方などが大きく異なりますので長続きしたカップルはほとんどいないとウラジオストク女性が話してくれました。

オーストラリア男性はがさつでラフな人たちです。
ロシア男性にも似てる点がありますが女性に気を遣う、気配りはないですね。
日本男性もロシア女性から PayAttention と注意と注意される場合があります。私にもっと気を配って・・・という意味ですがこの言葉を言われた方は女性が男性に注意を促してるのでそれを修正すれば女性は満足ですがその注意の言葉を言われない場合は男性が十分に女性に対して気を配ってるか?もしくは女性が男性に呆れてるかのどちらかです。

5回目の結婚 74歳4と47歳 精力の問題?

ドイツの元首相えあるシュレーダー氏が5回目の結婚!
74歳で結婚する相手は47歳。
最初に気になったのはお二人の性生活です。

ロシア男性には信じられないこの結婚、50歳で不能者になると言われてるロシアですのでロシア男性からすれば ”羨ましいことです”
相手も性に関してはアジアで一番元気な韓国女性ですのでお二人の間には何かがあるのでしょうね。

このお二人の結婚は韓国では大フィバーしてるようです。
この元首相は日本に対してはいつも批判的な発言してたので日本では評判は悪いですね。

日本の元首相の鳩山氏と同じレベルの発言が多く今でも日本批判をすると韓国での人気が上がるので発言は止まってません。

鳩山氏とシュレーダー氏の共通点はロシアと関係が深いことです。
鳩山氏の祖父はソビエトが二島変換を申し出た日ソ共同宣言を蹴ってアメリカを選んだ人で右思想だったのですが孫の鳩山由紀夫氏はいつのまにか左寄りになり息子をロシアに留学させてました。ロシアとのコネを作ろうとしたのでしょう。

シュレーダー氏はロシアと太いつながりがありロシア国営天然ガス会社ガスプロムの子会社「ノルド・ストリームAG」の役員です。ドイツ国民からは人気のない元首相・・・そして現在のメルケル首相が誕生したのですが安倍首相と同じ長期政権で両者とも同じ問題で危ない状態です。

メルケル氏の大失敗は移民受け入れです。ドイツは最近ようやく低賃金労働の法律が出来て最低賃金が保証され始めてます。ドイツ企業から低賃金労働者を何人でも受け入れるということで100万人受け入れを宣言したのですが今は受け入れにストップをかけてます。

我が首相の安倍氏も同じことを今から実行しようとしてます。無制限の外国人労働者受け入れでは経済連だけが喜びますが国民は反対です。そのため無制限という言葉を使わないで別の表現を使ってますがすることは同じです。

来年は波乱の年になるかどうかがはっきりします。
最近はロシアで仕事をしたいという相談が増えてますが仕事は可能ですのでロシア語をまず普通に話せるレベルにしてください、と答えてます。

日本は外国人労働者の受け入れが整ってきてますが将来は?

日本政府は国益より企業利益を優先してるのでしょう、歯止めのない外国人労働者が来年の4月施行の新しい法律で50万人以上を受け入れるようです。

自動車業界は労働者不足で増産が間に合わない状態だそうです。
中国と縁がなかったトヨタが本格的に中国に進出します。
巷では日本企業は中国から引き上げるべきだと騒いでおり中小企業の中国進出組は日本に引きがてるようで中国で仕事をする日本企業やその従業員は数が減ってる筈ですが実情は逆に中国に駐在する日本人の数は増え続けてます。

国益より利益を優先してる証明です。

ロシアは・・・ロシアから仕事ができる日本に来る人は法律が緩くなっても日本で働きたいという声は全く聞こえてきません。
日本で働く魅力がないばかりか現実を的確に分析してるからです。

ウラジオストクをみると昔3Kと言われた 汚い、きついそして危険という仕事はロシア人はしません。その代わりに中央アジアからロシア語を話せる人たちが労働者としてウラジオストクだけでなくロシア中に移住してるからです。
ウラジオストクでは現在の最低賃はこの3Kに従事してる人たちの中でレストラン関係は最低で3万ルーブル(6万円)から。料理を作る人はもっと高い賃金です。

日本と比べると決して高くはないですが現在のロシアルーブルが好景気の時のように1ルーブル4円にならば一気に収入は倍になります。

現在の日本円で6万円の最低収入はウラジオストクで生活するには贅沢は出来ませんがそれなりの生活が出来ます。
仮に12万円とルーブルが強くなったら日本より良い生活が出来ます。

冬になるとロシアの住宅で室温が20度以下の家はありません。
日本の場合は我が家は真冬の朝は6度です!

日本に留学で来日してウズベキスタン人が日本のアパートの寒さにびっくりして暖房代わりに寝るときは調理用ガス器にを一晩中つけっぱなしにしてたと笑い話みたいな本当の話を直接聞いたことがあります。

日本の魅力は・・・外国人が現実的なことを考えてる中で日本人の多くは日本は世界第三位の経済大国でロシア(世界15位)より上だ!!
と何の自慢にもならない精神的支えはロシア人だけでなく世界には通用しないということを早く理解してください。

ロシア人とお金の話はする必要はありませんのでロシア女性と結婚を考えてる人はお金以外の日本の魅力、ロシア人がすごい!と思ってることをアピールしないとロシア女性は日本には来ませんよ!

ロシアでお酒を飲むときの習慣

1人でお酒を飲むときはロシアではルールはありませんが人が集まって食事やパーティの場所でお酒を飲むときには一つのルールがあります。

グラスにお酒が注がれたら・・・
すぐには飲みません。ロシアでは人とお酒を飲むときは
一言を発する人がいますのでその人の言葉が終ってから 乾杯の合図で一緒に飲みます。目の前のグラスに飲み物が入ってるからと一人で勝手に飲み始めた場合は周囲の視線を感じるはずです。

ロシア人で日本の習慣を知ってる人は気をつかって
”どうぞ、お飲みください”!とフォローしてくれる場合が多いですがそれを知らない人たちの視線は・・・一度経験すればわかります!

ロシアはLineは通じません!

ロシア政府の政策でLineはロシアでは使えません、通信制御がされてるのでLineを使ってロシア日本では通信が切断されてるという意味です。

現在利用できるのな WhatsApp です。スマホやパソコンにダウンロードして無料で使えます。文字チャットと電話機能が無料ですし広告が一切入らないので便利ですのでお勧めです。

また動画をスマホで撮影してそのまま送信できるのも便利です。
話す内容が少なくなったらあなたに見せて景色と名を売って日本やご自分の生活環境などを知らせれば話題に困りません!

私はロシア側との通信はいつもWhatstAppを使ってますし会員達も使われてますので私に御用の場合はWhatsAppでどうぞ❕

ブロンドは良いですね・・・

ブロンドが希望という男性がいます。
なぜ、ブロンドですか?とは聞き直しませんでしたが日本には今でこそ髪を染めてる人が多いので目づらしくはないのですが以前はブロンドに憧れる男性は日本だけでなく世界共通だった時代があります。

髪の毛の色に興味があるのは女性と距離を置いてるときに考えることで実際に地毛がブロンドの人と付き合えればラッキーでしょうが女性は気分によって髪の毛の色を変えるのが普通でロシア女性の場合は髪の毛の色で染めるのでいつも決まった色ではないという現実をご理解ください。

男性があなたのブロンドは素晴らしいと誉めれば女性は男性に気を使ってブロンドにしてくれるかもしれませんがロシア女性の基本はブロンドではありませんので大方の女性たちは髪の毛を染めてると考えてください。
ロシア女性は多種混血の人種ですのでブロンドが地毛という人はまずいないと考えてください。

どうしてもブロンドに誇示するなら人種的にブロンドが多い北欧の女性が良いのではないでしょうか。もちろん相手があなたの考えを理解してくれた場合です・・・。

ロシア女性にブロンド、ブロンドと何回か言えば女性は
この男性はブロンドが好きなんだ!と女性が考え始めたら・・・言い換えればこの男性はブロンドが大事で私の中身は関係ないのかなぁ?となったら女性の態度が変貌するかもしれませんのでご注意を!

ウラジオストク女性との通信手段 その2・メール?

女性との通信手段方法をオフィスに来られた方と話してる時に話し合いました。
通信手段には
メール、Viber, Line そして whatsapp というのはIT関係の方なので知っておられます。ロシアにパソコン、そしてスマホが登場するまではパソコンは一般向きではなかったので10年くらいは今考えれば旧式でしたね。

メールは会話倶楽部のオフィスに送ると女性に男性からメールが届いたと電話で伝えると女性がオフィスにメールを取りに来られるのでプリントして渡し女性は家に戻ってメールを読んで返事を書いてオフィスに持ってくるという形式です。
1通のメールの返事に1週間かかることも珍しくなかったですね。

日本側からすればオフィスでメールを読んでその場でメールを書いて送り返せば時間の節約になるのではというアドバイスもありましたが相手は日本人でなくロシア人です。文化の違いがありますが”時は金なり” Time is money が美徳と思ってる人にはロシア人の反応が理解できませんでした。理解できないと他のロシア人の行動や言動から悩まされるでしょうね。

理解できないときはどうしてですか?と質問を自分勝手に結論付けるより文化の違うロシア女性に尋ねれば女性が説明をしてくれますので ”なるほど” と思い直すことが出来る可能性は高いです。理解できないなら・・・同じような誤解から生じるトラブルが起きる可能性がありますのでそれが続くとどうなるでしょうか?

会話倶楽部では会ってもない女性との交信は認めてません。
気の利いたメール内容をかける人なら問題ありませんが男性が女性に各メール内容は女性が期待してない内容がほとんどです。女性がメールを読んでこの男性はどんな人かな?とメール内容から想像し期待できる内容がお勧めです。

自己紹介やあなたは美しい、趣味の紹介やその他・・・
実際に女性を目の前にして話すなら相手の反応を感じれるので女性が興味のない表情だったら話題を変えることが出来ますがメールでは出来ませんね。

ウラジオストク女性との通信手段 その1・Skype?

15年前に会話倶楽部ではSKYPEを採用してロシア女性との交信に使いました。
日本とロシアは時差が1時間なのでお互いの都合の良い時間を指定することで可能でしたが・・・半年くらい続けて止めました。

理由は
当時のロシアのインターネットは従量制でネットに繋いでる時間、そして接続内容で動画やSkypeは大量の通信量を使ったので通信費がロシア側でびっくりする料金になったようです。1時間で800円くらいだったと覚えてます。
男性がその料金を負担してくれてもロシア人の感覚からは高すぎる通信料金だったようです。ロシアは現在はケーブルテレビとネットがセットになってる契約をすればネットも使い放題です。

次は言葉の問題
間に日本語通訳を挟むと日露間での意思疎通は出来ますが表面的な話しかお互いに話すことは出来ませんしロシア女性は直接会ったこともない人、他人に聞かれる話を通訳を介して行うのは嫌だというのは当然です。

直接会ったことのない人と何を話すのか?
を考えたら30分女性と会話を、相手に飽きを越させない話が必要です。

 

プレゼントとお土産の違い

ロシアにも日本と同じでお土産を渡す習慣があります。
来日したロシア人が帰国するときは飛行機の超過料金を払うほど大量にお土産を買う人がいます。
お土産というは本人ではなくロシアの友達に帰国後に渡すお土産ですのでお土産が多い人は友達がたくさんいるという意味です。
ウラジオストク女性を見てると帰国数日前からお土産買いが始まります。
頭の中には友人リストがありその友人に見合うお土産を買いますので結構時間がかかります。大事な友達にはお土産ですと自信をもって渡せるものを選びそれなりの友達には100円ショップで買い求めてます。

なぜお土産を渡すのか?
それはその友達から何かしらのお土産を貰ったことがあるからです。
特に日本に行った場合はお土産以外に日本の話、体験談を聞きたがるので友達の家に行ったり家に招待したりして日本の話をするのが普通。

日本男性がウラジオストクへ女性とのお見合いに出かけるときは何かしらのお土産を持参したほうが良いですね。
決して高価なものは必要ありませんしロシア人はお土産返しの習慣があるので高価なものを貰うとお返しが出来ないので女性に負担、気まずい思いをさせることになります。高価なものを渡すと その場で受け取りを断る人もいますので驚く前にロシアの習慣を思い出してください。

何がお土産で一番喜ばれるでしょうか?
日本に興味を持ち、もしかしたら日本に住むかも知れないので日本の文化を感じられる何かがお勧めです。
もし、その何かが分からないときは
手ぶらで結構です。女性には日本の習慣です・・・と言い訳してください。
ロシア女性も初めて会う男性からお土産(プレゼント)が貰えるとは思ってませんので女性の期待を裏切ることにはなりませんが何かを渡したほうが男性のポイントが上がるのは当然です。そしてそれが女性が本心から”嬉しい”と思ってくれるものは最高ですね。

何かのアイデアが出ない時は何も買う必要はありません、というか買わないでください。日本的感覚でこれくらいで良いか・・・と空港のお土産などはあまりにも安っぽいのは世界共通です。

ウラジオストクの運営者がなんども言ってるのは
ロシア女性が不信がるようなお土産だったら渡さないでください!という言葉は今まで何度も言われました。

自分が貰って嬉しいと感じれるものが良いのではないでしょうか?
そのお土産の説明を女性に出来ますので。

日本にいるロシア妻の嘆き・・・

結婚して3年目、子供もいるロシア妻と会った時に彼女が真剣な顔で私に嘆き始めました。

”私の旦那さん、一度も友達を家に連れてきたことがありません。彼はさみしい人、友達がいない人だったようです”
と日本人だったら普通の事ですがロシア人の彼女にはショックだったようで旦那さんに質問出来ないので一人で悩んでいたようです。

それは日本、特に都会に住む男性には普通の事ですよ!と日本事情を説明したのですが半信半疑の彼女の表情。

彼女には私たちの事実を話しました。
結婚して数十年が過ぎ、私の家には来客が多いですが来客した人が私たちをその人の家に招待してくれるのは今まで3回しかありませんでした。

私たちは結婚した当時、毎月狭い家ですがホームパーティを開き多いときは20人以上が来られワイワイと騒いだ時期もありましたが私のパートナーガある時に気がついたのは・・・家に来られた人たちは誰も私たちを逆に招待してくれないという事実。彼女の場合は即、その日本人たちに理由を尋ねました。日本人を理解するうえで大事なことですので。

日本人の返事は
①家が遠い
②家が狭い

とこの二つが一番の理由です。遠い狭いという言い訳は私のパートナーには絶対に理解できない理由でしたのでその日本人達とは関係が疎遠になったのは当然です。

女性の食事代は男性が持つ!?

ロシアではデート費用は男性が持つ!というのが普通です。男性が女性の倍以上の収入なら男性も食事代は払います、
というのが日本では普通だと思います。
ただし、女性の中には・・・特にヨーロッパでは女性は食事代は割り勘を主張する場合もありますがロシアではほとんどありません。
理由はレストランの食事はロシアでは高すぎるからです。

また、女性の中には男性がなぜデート代でない食事代を払ってくれるのか?と男性のスケベ心を見抜かして場合が少なくはありません。

ロシア女性に食事をおごれば”ありがとう”ですみますがヨーロッパの場合は
”あなたは何を期待してるのですか?”とまっすぐな質問をしてくる人もいます。
多分・・・男性のスケベ心を女性が見抜いてるかもしれませんがヨーロッパのエチケットでは割り勘が普通と思います。

一度だけウラジオストクで女性が奢ってあげますと言われたことがあります。
女性とボーイフレンドと一緒に食事をしました、その時彼女のロシア人のボーイフレンドが一言!
”私もびっくりしました。ロシア女性が食事代を払うのは普通ではありません!”

女性にそのことを尋ねたら笑いながら
”気分が良くなった臨時収入が入ったので・・・!と笑ってました。
その女性は今はオーストラリアの国籍を取ってシドニィーに家族で住んでます。
昔はロシア人はオーストラリアやニュージーランドに簡単に移住できたのでウラジオストク人も結構オーストラリアに住んでるようですが収入は高いけどやっぱりロシアが恋しいと言ってます。

ウラジオストクのレストランは日本並みの料金なので日本人には高いとは感じませんがロシア女性には高価ですが男性が期待する効果はありません。
女性の中には初めて行くレストランで男性との話よりレストランを見回すのが忙しい人もいました。
そしてもっと大切なことは・・・
レストランのメニューを見ても私たちがロシア語で書かれたメニューは理解しがたいですがロシア人にとって
ロシア語で書かれたメニューも分からない人が多いです!
最近はメニューと一緒に料理の写真もあるので想像は付きます。

女性が初めてのレストランの場合は女性にメニューから選んでください、というと女性の中には困る人がいます。現在は写真があるので便利ですが全部のレストランで写真があるわけではありません。
気を配れる男性なら女性がメニュー選びに困ってるときは
”何が食べたいですか? 私が選びます・・・”という優しい言葉が必要な時もあります。

気軽に食事を楽しいたいならわざわざレストランに行くよりもウラジオストクの町中にたくさんあるカフェがお勧めです。
カフェだったら女性も使ったことがあるはずですし軽食や食事もあります。

ロシアの習慣やエチケット・・・日本と異なる点

しばらくロシアの習慣について説明します。
これは私の意見だけでなく英語ページで説明されてるロシア人についての意見を私なりに同意できるもの、そしてウラジオストクでも同じということの説明ですのでこれがロシアだ! という意味ではありません。
基本の基本と考えてください。

ロシア人の家に招待された場合
特に女性と結婚を前提に付き合ってる場合は女性が両親に男性を紹介するということ非常に大事なことでロシアだけでなく欧米も同じです。
女性は育ててくれた親に私がこんな男性を選びました、という大事なことです。
結婚を前提に交際してない場合に女性の家に男性が一人だけ招待されるということはまずあり得ません。
ロシア女性と交際してる中で女性が親に紹介してくれない場合は女性はまだ男性との将来を考え中もしくは考えてないということです。

中には親に紹介しない女性もいますが女性が結婚まで考えてないと判断するのが正解です。逆に、交際中と思ってる男性が女性に対して親に紹介しろというのは失礼というか男性が女性が認める男性でないという意味ですので努力を続けるか見切りをつかるのが良いでしょう。

ロシア女性と交際を始めたら女性の親に紹介してもらえる努力をしてください。

シベリア横断鉄道ロマンチックな旅をお二人で!値段はいろいろ・・・

1週間をかけてシベリア鉄道でロシアを横断!
とロマンチックに考えてる人は多いですね。

しかし、間違っても交際中のロシア女性に一緒にシベリア鉄道横断の旅行をしましょう、と誘ったらどうなるでしょうか?

普段はロマンチストでない人がシベリア鉄道と聞くと何故かロマンチックにしたる人が多いようです。何がロマンチックなのでしょうか? ロシアの広大な平原を1週間かけて横断することでしょうか?その他にも理由はあると思いますが私にはそこまで分かりません。が、ロシア女性がなぜ嫌がるかは簡単です。

1週間ずーと走るのは・・・退屈です。多分、3日目くらいに飽きが来るでしょう。それが翌日も、その次も・・・と続くと発狂するかもしれません。ただし。電車の中で知り合うロシア人やその他の旅行者とは友達になり易いので気心が合えば毎日宴会になりますね。そして1週間目にモスクワに到着!
いかがでしたか?この1週間は?

ロシア女性が絶対に嫌がる理由はシャワーがないからです。途中下車をしてホテルなどで泊まればシャワーもあるでしょう。
毎日同じ光景を見てると・・・飽きます、それも発狂するくらいに。シベリア鉄道愛好家っているでしょうか?毎年一回は必ずシベリア鉄道にのってロシアをお横断する人・・・そんな人に会ったこともないし話も聞いたことがありません。

ロシア危機の時はシベリア鉄道代金がものすごく安かったです。二等で1万円ちょっとでした。ロシアの一等は二人部屋で結構豪華です。
こんなツアーがあります。ウラジオストク空港出迎えでモスクワ着まで14日間

詳細は>>>ここをクリック

料金は季節によりますが一人分 ¥259,294¥298,032
航空券代は別です。それと電車の食事は含んでません。

豪華シベリア横断大ツアーを見つけました。
ウラジオストクからモスクワまで15日間

毎日途中下車で観光付きそして食事も付いてます。
シャワーも付いてますので女性もにっこり! モスクワまでの途中に止まる街の観光も付いておりこれだったらほとんどのロシア女性は納得するでしょう。
二人っきりですのでちょっと奮発しましょう!
お二人様料金は¥3,822,868¥4,192,883 *桁数を間違えないでください。

日露男性間の美の違い

美人や美貌と男性が考えるの美的感覚の違いで異なるのは当然ですが日本とロシア男性に女性に対する大きな違いはロシア男性はびっしりと化粧をしてる女性を好みますが日本男性は化粧の濃い人より”かわいい”感じの女性を好む人が多いですね。この大きな違いが日本男性がロシア女性と結婚してもロシア男性が怒らない最大の理由です。

どっちにしても、外見で女性を選ぶと諺通り
”美人は三日で飽きが来る”というのを忘れないでください。

今まで会員さんで僅か1名が結婚したら女性にはしっかりと化粧をしてもらいたいと言ってる人がいました。ロシア女性でしっかりと化粧をしてる人は男性から視線を送られてくるタイプ、女性が私は男性に好かれると考えてるタイプが多いと思います。
現地でウラジオストク女性とお見合いをすると時は女性はしっかりと身支度をしてくるのはエチケットですので男性も初回に会うときは女性から不信を持たれない服装が良いと思います。不信をもたれる服装は…軽装やTシャツです。そしてアイロンのかかってない服はご遠慮ください。

ウラジオストクのセレブな遊びをご存知ですか?

テニスと乗馬です。
以前は2コートだけのテニスクラブがありましたが今は8面くらいのテニスコートがあります。専属のインストラクターがいてプレイをしに来る人にコーチをしてます。シャワー室もあるようです。

それと乗馬。男性が女性に馬をプレゼントするそうです。
ウラジオストクでは車を持ってる人は普通になり一家に二台になってるそうです。そのためバス停はガラガラ・・・。数年すればバスは廃止になるかもしれません。馬を持つことは日本も同じですが結構維持費がかかります。

ウラジオストク市内には数か所、馬を預かる場所がありそこに馬を預けて週末や天気の良い日は馬に乗って市内散策。旅行者もそこで馬のレンタルが出来るようで道路は制限されてないので時々馬で散歩してる人を見かけます。

日本では乗馬はほとんどが女性に流行ってるようですが日本の乗馬は外見が大事なので馬に乗る前に結構な出費だそうです。何か語学の勉強を始めるときにテキストと辞書を必ず揃えるのも日本人の特徴と語学学校のオーストラリア人先生が言ってました。

馬を買うのに数百万、それを預かってもらうのに毎月10万円前後の維持費と車を持つくらいに費用がかかりますがウラジオストクでは馬の預かり料金は毎月2万ルーブルと日本より安いですがでも、高いですね。

ロシア馬はサラブレッド系なのでしょうか?と聞いたらロシアは日本と異なり競走ではなくソリを引くレースなので馬には体力が必要だそうです。

ロシア人を理解するには・・・映画を見てはどうでしょうか?

20年以上、ロシア女性と結婚したい方をサポートしてますがご自分に自信があるのでしょうね!?
その自信度を私に話してください。ウラジオストク女性と結婚できるかどうかの見極めにさせていただきます。

会話倶楽部の会話はウラジオストクの運営者が日本男性とウラジオストク女性の結婚サービスを始めるときに考えたそうです。日本人に不足してるのは会話力。言葉で相手に自分の考えを伝えないと何も進展しません。
ウラジオストク女性との結婚は会話で始まりその会話がウラジオストク女性と続くのがポリシーというか当たり前の事です。

自分流で推し進めて上手くいく人そうでない人に分かれます。人選して日本男性をウラジオストクへ送り込んでるのですが男性の本音で話してくれない方には私のアドバイスは必要ないようです。そして最近はアドバイスを必要としない人が増えてるので料金も安く設定してます。私の設定してる料金はサポートそして相談料です。

ロシア人の心を理解するにはどうすれば良いでしょうか?私の最近のテーマです。ロシア女性と同じ人生観や人に対する考え方が同じというのはロシア女性は期待してませんが同じみたいだ!とロシア女性に思ってもらわないと異文化人同士は心の中をお互いに理解できません。

ロシア文学をたくさん読破しロシア人の心、人に対する思いやりを映画にした人がいます。映画のタイトルは デルス・ウザール
ウラジオストクで良く聞く名前、その人の博物館や生活してた家があります。ウラジオストク郊外にはその人の名前アルセーニェフという町もあります。ロシアの沿岸地方の調査、探検を行ったウラディミール・アルセーニェフ。沿海州のタイガを調査する時に雇ったガイドがデルス・ウザールです。当時の沿海州はアマゾンと同じで未知の場所をロシア兵を連れて探検しました。最後は・・・映画を見てください。

この映画を作ったのは黒澤明で世界的に有名な監督ですがこの映画は日本では評判になりませんでした。長すぎる、暗い・・・という批判は多くの日本人を失望させました。

黒澤監督がこの映画で何を感じて欲しいという映画の醍醐味が日本人には通じませんでしたが世界的には大好評を得た映画です。下記のシーンウザーラが失明したのでタイガの原生林からハバロフスクで人間らしい生活を提供したアルセーニェフでしたが結局はウザーラは街には住めないと原生林に戻りそこで亡くなってます。ウザーラを埋めた場所を探してる場面です。

この映画(DVD版あり)を全部通して見ることが出来た人はロシア人でなく人と人の付き合い・・・人間の心の中での繋がりを感じることが出来ればロシア人だけでなく人に対しての気持ちの持ち方が判ればロシア人と結婚したい人にも何かの参考となるのではないでしょうか。

私はポーランドやルーマニアそしてハンガリーに30年以上家族で交際してる人たちがいます。今考えると東欧の人には私が感じる情があるからでお互いに情が同じ価値であるからでしょう。ウラジオストクは約20年通ってますのでロシア人にも情を感じさえてもらってます。

一番私が呆れる言葉は・・・ウラジオストク女性に不審を持たれる男性言動

入会前の方とロシア女性となぜ結婚を考えますか?と質問をしてますが結構多いのが ロシア女性は奇麗だから・・・という男性の最初の反応です。
この質問はウラジオストクへお見合いに行かれ実際にウラジオストク女性と会った時に女性からも同じ質問がされます。
冗談でもロシア女性は奇麗だからと目の前にいる女性に答えたら女性はどう理解すると思いますか?
今までの経験でまともな女性なら
”いいえ、私は奇麗ではありません、奇麗な女性はほかに沢山います”
が普通です。
その女性の内心は口には出しませんが
”この男性は女性にはいつもそんな感じで話してるのかな?浮気者!”
男性は女性を誉めたら喜んでくれると信じてるのでしょうか? それとも恋愛経験が少ないのがそうさせるのでしょうね。

会話倶楽部のシステムで女性と会う前にメールの交換は行ってません。
男性のメールの中身が女性には理解できないし”この人何?”と思われるからです。ましてやSkypeで会ったこともない女性とオンラインでの話し合い・・・。
男性は女性と何を話したいのでしょうか?女性ファイルに書かれてることを同じように女性に質問する人は少なくないです。
これでは会話は弾みません、例外的に男性がロシア語を流ちょうに話せば会話は弾むかも?知れません。でも、質問内容が他の日本男性と同じだったら結果は期待できません。
*メールでは男性が女性を誉める言葉やI love youという言葉を書かれる人は少なくないです。ロシア女性にすれば一度も会ったことにない人にどうしてそんな言葉を使うのか? 不思議ではなくメールでの返事はありません!

すでに会話倶楽部ではいろいろな方法でロシア女性とコミュニケーションを取る方法を考え実践してきましたが最終的な結論は男性がウラジオストクへ行ったときに女性は時間を作って男性と会ってくれるか?という基本的なシステムです。
女性が男性のファイルを見てOKなら男性にはウラジオストクへ出かけて貰って女性と会うことになります。

ロシア女性に限らず女性と交際から結婚・・・

自分の行動や考えがどれだけロシア女性に通用するか・・・自分で腑に落とせるかで、判断していくほかありません。
と誰でも頭の中では理解されてるはずですが現実は違いますね。

国際結婚を考える日本人男女は対象がどの国かによって結婚に対する考えがことなります。男性の場合は1週間で結婚できるサービスはアジア向けで中国やベトナムは1週間で結婚になる確率は高いです。
経済が日本より低いので女性は日本のほうがより良い生活を送れるからというのが一番の理由です。この考えをロシア女性に対してお持ちの男性がいるのは事実です。男性が考えるより良い生活?とは何でしょうか?
会話倶楽部では入会を希望する男性に事前に話し合ってます。
理由は男性のロシア女性との結婚に関しての考えをお聞きしてその方がロシア女性と結婚できるかどうかを運営者として理解したいからです。

というのは男性に無駄に時間とお金を費やして欲しくないのが一番の理由ですし仮に運営者の私がお話してる中でこの男性はロシア女性と結婚するのは無理だと考えた場合には勿論、お断りをしてます。これはお互いのためですね。

一番の無理な男性の要望は出来るだけ若い女性を希望される方が多いですね。その場合はご自分の年齢は考えておられないようです。若い女性が希望なら近くにいる日本女性に迫ってみてください。ロシアに行く必要はありません。

ロシア女性、私の場合はウラジオストク女性しか知りませんが女性の両親の年齢より男性は年下である、というのが原則です!
男性の年齢から12歳くらい年下の女性を希望されるなら可能性はあります。
そんな方にはいきなり会員として入会前に一度、ウラジオストクを実際の女性会員とお見合いが出来る仮会員として訪問していただき実際に数名のロシア女性とお見合いをすることでその中の女性と交際が可能になった場合は帰国後に正会員として登録して頂くことで結婚に向けての挑戦が始まります。

普通のロシア女性は交際が始まった男性と結婚を考えるまでに半年間はお互いを良く知るためにコミュニケーションが必要です。そしてお互いに・・・男性の場合は女性の外見ですぐにでも結婚したいという人は少なくないですがその考えはロシア女性からどう受け止められるか、と一度冷静になって考えて頂きたいです。

ロシアの各都市の物価やもろもろの値段

ロシア各地の都市の物価を数字で表してます。
私も値段を見る限りウラジオストクの値段は正解と思いますし各地の賃金も表示されてます。ロシア人の実際の収入は本人達もわからないいろいろな臨時収入が大きいので賃金に関しては個人差が大きいので参考と考えてください。

ロシアの首都、モスクワ・・・ウラジオストクはド田舎とモスクワ人は考えてますが物価などはほぼ同じです。
賃金に関してはモスクワは断トツで現在は最低でも10万円以上と聞いてます。

情報リンクは
>>>ここをクリック

ウラジオストクのあるPROM(高校卒業パーティ)

高校生の最終年に行われるダンス・パーティはアメリカやイギリスと同じです。
皆さん着飾ってますね。
ロシア女性は誰でもドレスを持ってますが日本に嫁いだ場合はドレスを着るチャンスがないのは・・・事実ですね。

日本ではBBQが出来ない、パーティがないというのがロシア女性に初期の不満です。でも日本に慣れてくるとその不満は出ないようです。

ロシア女性にもてるタイプの男性

ロシアには草食系男性?という言葉はないと思います。
最近はロシア男性の中にはアニメガ好きなちょっと軟弱男性も増えてますが・・・
男は女性を守るのが男とロシア女子絵に限らず女性の本能ではないでしょうか?
下記は農民のDさん。子供は5人‼

ラスト・サムライという映画がロシアでも流行りました。その時女性会員はサムライを紹介してください、とサムライに憧れを感じたという人が多くいました。
男性の魅力をサムライから感じたそうです。
が・・・
日本人はロシア女性が感じたサムライは何なのか?と分からない人がいます。

このロシアのサムライ・・・日本のサムライに興味があるそうです。

この男性はロシアで言えばロシア版サムライです。
ドン・コサックのDNAを受け継いでるからです。