約束の時間に遅れる・・・有名なのはプーチン大統領です

今回のウラジオストクフォーラムでは安倍首相は2時間半、プーチン氏の遅刻で待たされたそうです。
プーチン氏が時間通りに現れるのはテレビのウインタビューくらいのようです。

遅刻癖のある人は癖ですのでなかなか修正は出来ないようです。
日本人は時間に関しては極めて厳格なので遅刻は悪と日本では考えられてます。

が、日本人の時間に対する厳格な考えは昔からの遺伝ではないようです。
ネットで調べれば明治時代の日本人は遅刻常習という記事があります。

プーチン氏の遅刻に関しての世界的なコメントは>>>ここをクリック

私は性格なのでしょうか約束の時間の前には準備は完了してます。時間ギリギリは精神的に追い詰められた感覚になるので約束の時間は守るようにしてます。
それに対して女性は・・・遅刻をする人は男性より多いのではと思います。

では約束の時間に遅れた場合は何分間相手を待つことが出来るでしょうか?
私の場合は1時間が限度ですので1時間の遅れは気にはしますが精神的な爆発はありません。

私のパートナーとの初期の頃、約束の時間のデートには彼女は30分は普通に遅れてました。
遅れた理由を尋ねれば
”あなたに会うために洋服選びや化粧で時間がかかりすぎたの”何て言われたら怒るに怒れませんのでそんな経験を何度もしてるので時間の遅れは気にならなくなったのでしょう。

相手の遅れを責め立てるより逆には(女性は本心は遅刻に対してごめんなさい、という言葉にしない考えがあるようです)
逆の言葉がけが大事、女性が男性の性格を優しいと思ってくれる可能性が高いと思います。
例として
私に会うために入念に時間をかけたのですね!
その他いろいろありますが本心で私は気にしてないですと女性が安心そして納得できる言葉が大事ではないでしょうか?

逆に5分遅刻したのは何故だ!と怒り心頭で言うのは絶対にまずいですね。