日本では結婚時は「共同親権」だが、離婚後は「単独親権」

数年前に日本はハーグ条約に加盟して夫婦の間の子供の親権に関する国際条約に加盟してますので離婚した場合の子供の親権は世界標準(ハーグ条約)に従うことになってます。
日本で離婚した場合の子供の親権は法律?ではなく日本の常識に従って母親が子供を引き取るのが普通になってます。
日本男性もこの習慣には違和感を感じない人が多いようで逆に再婚しやすくなると考えてるのが一つの理由なのでしょう。

しかし離婚する自分の血を引く子供に合わせたなくない前妻が多いのも日本の特徴です。
(ロシアも日本と同じ時期にハーグ条約)に加盟したので日本とほぼ同じ男性の考え方のあるロシアも離婚の際は・・・ロシアも日本女性と同じでほぼ前妻が子供を引き取るのが普通で男親は養育費を払う必要が義務となってます。

日本女性とロシアを含め欧米女性との大きな違いは前妻が子供を男性に会わせることを拒まないことです。
もちろん例外もたくさんありますが私が知る限りでは非常に少ないです。
ただし夫婦間の離婚が修羅場を経てる場合は日本的な考えが普通のようです。

欧米の場合、特にアメリカ男性は子供に関してはアメリカの法律で厳しく規則が決まってるので別れた旦那に子供を会わせないという女性は少ないようです。
そして男性が子供を引き取る場合も多いのがアメリカの特徴ですね。

日本女性でアメリカ男性と結婚し子供が出来て夫婦仲が悪くなって離婚の場合は日本女性の多くは子供を連れて日本に帰国するのが普通でしたがハーグ条約で子供の親権は稼ぎのある人が親権を持つのが普通です。日本女性がアメリカに住み結婚して子供がいる人でアメリカ人の男性より収入が高いという人は少ないのが現実で子供を連れて帰国した場合はアメリカ男性から子供を誘拐したという犯罪に該当しますので現在、この問題で裁判を起こされてる女性は少なくありません。

ロシア女性もアメリカ男性と結婚し夫婦仲が悪くなってロシアに戻る場合・・・ほとんど子供はアメリカに残ることになってますのでいろいろな悲劇が起きてるようです。