ロシアのスマホ事情

スマホの買い替えは何年ごとですか?
私の場合は新品は買いませんので大体2年周期で買い替えてます。
なぜ、2年なのか?
理由は簡単でバッテリーです。最近の機種はほとんどが埋め込み式なので新しいバッテリーを買って自分で交換・・・というのは至難の業ですし専門店に頼めば1万円くらいするようです。
だったら半年落ちのちょっと前の人気機種(機能的に)をオークション等で購入すれば発売時期の半分以下の値段で機種状態もほとんどがほぼ新品ですので発売されたばかりのスマホを高価な値段で買う必要は全く思い当たりません。
スマホはメールと電話が中心でゲームはまったくしませんので新機種は・・・何の魅力も感じません。

スマートフォンを機種変更する際、自身に最適なモデルを購入するのはもちろんだが、実質負担金額も気になるところ。現在、3万円前後の機種が好調のようだ。

「BCNランキング」日次集計データによると、2018年8月1日、スマートフォンの実売台数ランキングは以下の通りとなった。

1位 P20 lite ANE-LX2J(Huawei Technologies)
2位 iPhone 8 64GB(NTT docomo)(アップル)
3位 iPhone 8 64GB(au)(アップル)
4位 iPhone 8 64GB(SoftBank)(アップル)
5位 nova lite 2(Huawei Technologies) Amazonで15000円で購入
6位 S4(京セラ)
7位 Xperia XZ1 SO-01K(ソニーモバイルコミュニケーションズ)
8位 AQUOS sense SH-01K(シャープ)
9位 AQUOS sense(シャープ)
10位 arrows Be F-04K(富士通コネクテッドテクノロジーズ)

ロシアではiPhoneが人気がありますが我々にも高価ですのでロシアでは一部の裕福層が所有してますが一部の富裕層と言われてる人たちが多いですね。

サムソンも販売店に飾ってありますが人気は今一のようです。
インド製、中国製と日本では馴染みのない機種が人気があるようです。

Ihponeに関してはロシアのネット売買サイトがありそのサイトも人気があるようです。