日本の物価の現状・・・賢い買い物

神戸の会社が運営している”業務用スーパー”というお店はYotubeでは結構有名です。
とにかく値段が安いというかその値段でも利益があるので一般のスーパーやコンビニで売られてる商品の価格の原価がちょっと気になります。
業務用スーパーは1週間に1店舗開店してるそうで年間50店舗以上のお店が日本中で回転してる計算になります。
これからもどんどん増えるっと思います。
まだこのお店を知らない人がいるのが現状です。

私は月1回、上野もしくは神田のお店に夫婦で通ってます。
私のパートナーはヨーロッパ製のお菓子を中心にかってます。特にベルギーのチョコレートは彼女のお気に入りの味で値段もびっくり価格です。
ベルギーはチョコレート戦争でイギリスと戦い結局は大衆製品で内容物がなっきりしないチョコレートがヨーロッパでは普通になってますがベルギーは
プライドをかけて昔風のチョコレートと成分比で販売してますので私のパートナーが子供の時から食べてた味が業務スーパーで現地の味で驚き価格で購入できます。

彼女は日本製のチョコレートは来日以来、食べてません!本当の味と程遠い味がするからです。
Yotubeでは日本女性が12000円でどれくらい買ったのかという動画をアップしてます。
経済性を考えた日本女性が頑張ってるのが頬やましいですね。

私の一番のお気に入りは スペインのドーナッツであるチュロス。
業務スーパーでは500g97円で販売されてますが売り切れが続いてるので買えたらラッキーです。作り方も簡単です・・・

不思議なのはお店では小麦粉が1キロで240円前後で売られてますがこのチュロスは重量fが500gで97円。チュロスが自宅でも小麦粉やバニラ等を混ぜて作ることが出来ますが97円で買ったほうが確実に安いです。

スペインでは出来上がったチュロスは濃いめのココアに漬けて食べてますが私のパートナーは砂糖をまぶして食べてます。

写真のチュロスは一袋で約30個作れます。
製造元は日本です。

もう一つのお買い得は焼きそばの麺です。
小学生時代は軽く5玉食べてましたが今は2玉を使って焼きそばを作ってますが麺の値段は19円。

このお店でいろいろ売られてる商品の値段を知ると普通のスーパーマーケットの値段がぼったくり価格と思えるようになりました。

日本人と中国人はショッピングが好きな人種だそうです。
ロシア人は・・・そして他の国の人達は・・・?

ショッピングは必要なものを買う時に出かけますので買い物、特に食料品にたいしてはシビアですというか無駄使いをしませんね!?