身体障害者や国際結婚家庭など社会的マイノリティー

韓国の話です!
日本と韓国のバラエティ番組は似たり寄ったりですが韓国の方がちょとひどい発言が多いようです。

身体障碍者やセマウルの犠牲者や家族、被害者をテレビで中傷するのは珍しいことではないそうです。そして国際結婚のカップルも韓国ではマイノリティだそうです。韓国では3Kとある大学教授の韓国女性が当然ですと話してくれたことがあります。3Kとは家の鍵Key、会社の鍵Keyそして車の鍵Keyの3つを持ってる人が韓国女性の結婚相手の最低条件ですと年頃の娘さんを隣にして熱心に私に語ってくれました。

韓国女性は安売りをしない!と熱弁をふるってるので隣の娘さんは困った表情でしたので彼女はお母さんの考えには同調してないのでしょうね。

韓国男性でホワイトカラーでない職業についてる人は結婚が大変だそうですので東南アジアでお嫁さんを探しにいくのが普通だそうです。今は韓国とは全く繋がりがないので最近の状況はわかりません。

ウズベキスタンは高麗人が約20万人住んでるので韓国男性がウズベキスタンに嫁さん探しに行くのは有名な話ですが民族は同じでもウズベキスタンで生まれ育った朝鮮系女性(高麗人)は今の韓国人とは異なります。

わざわざ高麗人と自分たちを呼んでるのは区別をするためです。
その韓国のドタバタ結婚劇で映画を以前作成したようですが日本でお目にかかるチャンスがありません。

その映画を見れば韓国人と高麗人の違いがはっきり分かるでしょうね。
レベルの低い国の女性と結婚する人を韓国では差別してるのでしょうか・・・?

文化の違う女性が韓国男性と結婚したら大変と思います。一般的に旦那の妻は彼の母親を面倒見るのが当然と考えてます。そして女性に家にいるものという考え方が基本ですので前にロシア女性と結婚する韓国男性がいましたが韓国男性はロシア女性は生意気だ!と韓国人が発言すると韓国男性は異常だとうロシア女性の発言は歩み寄りがないため韓国ではロシア女性と結婚する流行がすぐに下火になりました。

現在は世代交代で韓国男性とロシア女性の結婚はあるのでしょうか?