1963年の映画

男性は誰だかわかる人はいると思いますが女性は・;・・
答えはEunice Gayson。といっても分からないいでしょう。
007ジェームスボンドの第二作(第一作も同じ女優)でボンド・ガールを共演した女優です。第二作は From Russian with Love(ロシアより愛をこめて)と言うタイトルだったのでこの女優はロシア系かと思ってましたがイギリス人でした。
今月亡くなられ90歳でした。逆算すると35歳の時に撮影されたので彼女は35歳でボンド・ガール?は妥当かどうか・・・
私はこの映画を見たのは1973年ロンドンの映画館でした。大ヒットのあとだったので映画館には数人の観客。

From Russian with Love(ロシアより愛をこめて)を見た後の感想はボンド・ガールには全く興味はなく映画舞台の一つイスタンブールでした。
映画館の観客の一人がトルコ人だったのでしょう、英語の映画でしたがトルコ語が頻繁に出てきて理解できるのはトルコ人だけだったのでそれを理解できたトルコ人だけが大笑いをしてたようです。
この映画で私が興味を持ったのはベリーダンス(腰振りダンス)。セクシーなダンスですのでいつの日かトルコに行きたいと考えたのを覚えてます。
ロシアへの興味は・・・ゼロでした。ロシア経由で北欧、ヨーロッパそしてイギリスに来たのでロシア(当時はソビエト)は1週間滞在したのですが名所観光以外に記憶に残ってるものはありません。ましてロシア女性が綺麗なんて全く思いませんでした。

当時の現地の美人は厚化粧と大量の香水、真っ赤な赤い口紅を塗った唇には美的感覚を感じなかったからです。
そして当時は外国人は一般のソビエト人と会話をするのが禁止されてたので別世界を狭い行動範囲とガイド(監視員)付きでちょこちょこと移動しただけでした。