ロシアのお父さん

ウラジオストク女性との結婚に関しては女性の父親はほとんど口を出しません。
ロシア女性はお母さんっ子で育ってるので父親は躾や考え方はお母さんに任せてるからです。

そんなお父さんでも娘が結婚するとなると旦那になる男性はどんな感じなのか気になるようです。ロシアの習慣で交際もしくは結婚を意識して交際してる場合は関係がある程度煮詰まったら親に紹介する儀式があります。

ほとんどの場合は女性の家に招待されます。テーブル一杯にいろいろな料理が酔いされてるのが普通ですがレストランで顔見世(両親とお見合い)のたまにあります。親と会う時は何かプレゼントを用意するのもエチケットです。
日本人の場合は何をプレゼントすれば良いのか見当がつかない場合は交際女性に尋ねるのが一番です。

ほとんどの場合はちょっと大きめの花(本数が多い)が一般的です。
それと女性に共通する甘いものも悪くはありません。

両親そして親戚一同が集まってる場合もありますがこれは親戚一同が男性をどんな人なのかと野次馬的考えですが好奇心というよりどんな男性なのかと期待してこられるのが普通ですので緊張する必要はありません。

と言っても緊張はしますね。
そんな時にはお父さんがお酒を出すことがあります。
緊張感を解くためと舌の周りが良くなる(ちょっと酔うことで話しやすくなる)というロシア式の気つけ薬ですので調子にのって飲みすぎないようにしてください。しかし、ロシアの父親は飲み比べを挑んで来る場合もあります。

”酒が強くないと男じゃない”
と考えてるのか男性が酔ったらどうなるのか見たいのでしょうね。
酒好きの人だったらロシア男性に飲み勝つ可能性はあります。
ウオッカがメインで出されますがボトルを空にするまでという飲み方はロシアでは一部にありますが家庭に呼ばれた場合は周りの人が止めてくれます。

といってもロシアの親父に飲み勝つと頑張って勝ったと言ってた会員も今まで何人かいました。