ITが進歩しても成婚率は変わりません? 

日本はロシアよりネット普及は早くそして日本中に広まった時にウラジオストクはまだネットは流行ってない時代、というのは10数年前です。
香港資本のケーブルがウラジオストクにひろまりネット普及が急に広がりましたがそれまでは従量制でネット利用料は使ったMBに比例しており使い放題というのは最近のことです。

SKYPEは動画を送るのでどうしても転送量が大きくなりロシアでは結構高い値段でした。

今では日本以上にスマホを使った通信手段でロシアとの通信もほとんどお金はかかりません。ロシアならお勧めはWhatsApp,です。日本ではLineが流行ってますがロシアや欧州ではWhatsApp,がメインです。

会話倶楽部の初期時代は国際電話はロシアと日本は1分2500円くらいだったと思います。決して安い料金ではなかったのですが電話をする日本側、そして受け取るロシア側もお互いに時間を決めて電話してましたので電話での会話はお互いに貴重だと思ってました。

今は・・・大体の日時の約束をすれば万が一どちらかが忙しい場合にはまた今度と軽い気持ちで通信ができるのですが話さなくてはという緊張感が薄くなったのでしょうか、会話内容まではタッチしてませんが人によっては有効に使ってる会員さんとそうでない人に分かれるようです。

基本は毎日がお勧めです。
そして使ってはいけない言葉は ”忙しい”・・・これは禁句にしてください。
忙しいからと言う理由は相手にとっては笑って済ませれる言葉ではありません。

仕事が忙しいから仕方がないでしょうという方もいます。
別に私が損する訳ではありませんがお二人の関係が・・・時になります。
本当に忙しいなら”短いメッセージ”で十分ですね。

トイレで気張ってる間に一言くらいは送信できると思います。
交際中は毎日メッセージが基本だと私は考えてます。