ロシアの飛行機の中で知り合いました!

出会いにもいろいろありますが・・・
”現実には出会いがない”のが結婚出来なくなってる理由と言われてますが本当でしょうか?

出会いが会っても相手に興味がなければ出会いではありません。
好みの問題も原因の一つではないでしょうか。

私の仕事はウラジオストク女性を紹介してますが自分のタイプの人ではないと写真だけで
判断されたらスパイラル状態、永遠に女性と知り合うチャンスがありません。

ロシアの飛行機、アエロフロートの中で知り合ってそれから一年も経たないうちに結婚した人がいます。
当時のアエロフロートは日本とヨーロッパ毎日結ぶ格安航空会社でしたが12月のクリスマス前は機内は
ガラガラ状態。その時近くの席に座ってた女性が シートベルトの使い方が分からないので教えてください、

と言うきっかけで二人は知り合いました。
それが・・・私達です。

昨日、私のパートナーはフランスから戻ってきました。
普通なら里帰りと呼びますがフランスの両親はすでに亡くなってますので里帰りをする場所がありませんので
自然にフランスにもどる回数も減ってきてます。

フランスはアメリカと同じで18歳で人は独立をする国ですので自分ことはすべて自分で行う必要があります。
結婚も同じですね。自分で見つけた男性を親に現在付き合ってる男子ですと紹介するのはロシアも同じです。
そして親は育てた娘が連れてきた男性に異論は普通は唱えません。

異論を唱えたらあなたの責任、親の育てた結果、躾そして教育が関係してるからです。
結婚に関して親の意見はほとんど関係ありませんし無視するのが普通です。

二人は新しい人生を始めるので大事なことは二人で話し合いそして生きて行くのです。
私の親は国際結婚に関しては何のコメントもありませんでした。

理由を聞いたら私たち(親)が知らない世界のことは判りません、と明快な返事でした。
その返事を聞いて私のパートナーも当然ですね、あなたは良い親を持ってますと誉め言葉でしょうか?
彼女の反応でした。
そしてアッと言う間に30年が越してます。