ロシア男性は50歳でインポになる?

ロシア男性からこの話を聞いた時にはビックリしました。
だからその時が来るまではロシア男性は頑張らなくちゃ、と人間の本能、女性に対する好奇心そしてセックスを人生の最大の目標にしてナンパを毎日の楽しみの一つにしてた人のコメントです。
ロシア男性はその本能通りに行動できる国で世間体を気にする日本とは大きく異なります。

でも50歳じゃ早すぎるというのが私はその時に思いました・・・

それはロシア男性の常識なのななぁ?とちょっと思って忘れたのですがそう話したロシア男性は現在は55歳です。

ロシアの常識?に従ってナンパの代わりに新しい趣味を見つけて多くの時間をその趣味に割いてます。
その趣味とは音楽と映画。

自宅の居間を今では自慢の音響ルームへ変身させ80インチの4Kテレビでネットで毎日録画してる世界の映画の数は
1000本を超えてるようです。家に帰ると新しい映画を4本くらい録画するのが日課になっており日本で流行ってる
有料のNetflixやHuluと同じですが彼の場合は集めた映画を見るのは無料です。

私にもメモリーカードがあれば彼が集めた映画をコピーすれば日本でもみられるのでどうぞ、と言われました。
今までは車で一緒の時はロシアで流行ってる音楽がいつも流れてましたがここ数年はクラシック音楽が流れてきます。
最初は彼の変貌ぶりは冗談かなぁと思ってましたが今はそれが本当であることが分かってます。

いま彼が考えてるのは音響に凝ってるのでそのための機器を調べ集めてます。
今全体を個人映画室にして気に入った音楽を良い音質で聞くのが帰宅してからの楽しみのようです。

自分で構築した映画と音楽を聴く設備を自慢したいようです。女性から自分個人の趣味に浸たってる人は
会話倶楽部のウラジオストク運営者のナディン氏です。

会員さんも彼の家に招待され映画と音楽を聴かされてます。
映画はロシア映画(英語字幕)だけでなく世界中の映画、もちろん日本の映画も何本か集めてます。
私はウラジオストクでは彼の家に滞在してますので毎晩映画を見せられてます。
が、ビックリしたのは日本ではまだ公開されてない新しい映画があることです。

女性はどうしたの?と質問したら今の自分の世界の方が楽しいそうです。
まぁいろいろな機器をそろえたもんだと私は感心してますし新しい生き方なのでしょう。

最新の音響機器より昔の真空管を使った場合の音の違いを説明されても困りますが一生懸命にはなすので耳を傾けてます。

ウラジオストクへ行かれた時に時間があるときに招待してもらってください。