システム

会話倶楽部の大きな特徴は日本側とロシア側の運営者が会員さんをサポートすることです。ロシア側の運営者は日本語を話しますのでウラジオストク訪問人はオフィス訪問が可能です。そこで入会希望の女性に会えるチャンスもあります。
ロシア側の運営者はWhatsApp,Viber,Lineその他のSNSで随時連絡が可能で返答にも時間はかかりません。

*会員は女性会員ファイルに随時アクセス可能なパスワードを発行

日本式の”お見合い”は日本独特
お見合いが上手く行ったら二人は婚約者同士?

以前、会話USAで日本女性とアメリカ男性とのカップリングを行ってましたので数百人のアメリカ男性が来日して日本女性とのMeeting(初出会い)に私は同席してましたが日本人にはまだまだお見合いが上手く行ったら二人の関係は婚約者同士と考える方がいて難儀しました。

お見合いという言葉をMeeting英語での意味は初出会いに替えた経緯があります。ロシアにもお見合いという言葉はありませんので最初のMeetingが上手く行った場合はお互いの関係はこれから相手をよく知るために交際が始まると考えてください。

つまり婚約者同士でも恋人同士でもありません。お互いに良い印象、好感を持ったのでお互いをこれからよく知りましょう、そしてその関係が続いたら結婚を意識するかも知れません、そのとこ期までどのくらい時間が必要なのかはお二人の交際内容に寄るのは当然と考えてください。複数の女性と会われた後に女性が男性を気に入った場合はメルアドやSNSの情報を教えてくれますので帰国後は複数女性と同時交際をすることをお勧めします。

二度目のウラジオ訪問はデート訪問
一回の訪問で結婚した人はゼロ
二回目の訪ロはデートそして更なるお二人の躍進に繋げる訪露です

初回ウラジオストク訪問で1女性だけでなく最低でも2女性とMeetingをお勧めします。ウラジオストクの初回訪問で複数女性から好印象を貰えたら帰国後はなるべく頻繁にお互いのコミュニケーションを取ることをお勧め、いいえ必須です。
その中であなたにより良い女性に会うためにウラジオストクでデート訪問が必要です。お友達関係から更に密度の濃い関係にステップアップするためです。初回の訪問から複数の女性と遠距離交際を毎日SNS等で行いながら次回の訪問では一番楽しくコミュニケーションが出来た女性を一人に絞って訪問するのがベストと思います。出来れば交際女性に日本のあなたの住環境を見てもらうのが大事と思いませんか?

その場合は交際女性の両親と会われることをお勧めします。大事な娘さんを日本に招待するのですから親としても心配です。ただし、女性から家に招待されお母さんに会うのがロシア式ですので交際女性が次回は母を紹介します、女性から招待されるのが大事です。

交際女性を日本に招待する方法
日本の外務省の指示通りの招待方法と会話倶楽部現地が取得
外務省の情報を調べればロシア女性招待方法が説明してあります。結構な書類を用意する必要がありますので90日ロシア女性を招待して入籍まで行う予定がある場合はこの方法でロシア女性を日本へ招待するための書類を招待人が作成することになります。出来上がった書類は交際女性がウラジオストクの日本領事館でビザ申請を行うことになります。

この書類作りが面倒で女性は90日滞在する必要がない場合はウラジオストク現地オフィスはロシア人が海外に出るための諸外国のビザサポートを行ってますので最近の日露間のビザ緩和でウラジオストク女性は日本領事館に書類を提出することで最大15日間の日本滞在が可能になってますので日本ビザ取得代行を150USドルで行ってます。

ウラジオ交際女性との結婚手続き
ロシア女性との入籍は日本で行うこと
ロシアで結婚式と入籍をお考えの方がおられますがロシアは宗教が異なるのでロシアでの結婚式は改宗の必要があるので現地では披露宴で十分です。結婚の登録は日本で行う方が簡単です。結婚登録等をされる場合は会話倶楽部がサポートします。