ロシア妻がアメリカへ観光で行きますのでビザ情報を・・・

会員さんの奥様がニューヨークに住むロシア人知り合いに会うためにアメリカに行くのでビザ情報を・・・と会員さんから電話がありました。

一昔前、と言っても10年前いいえ3年前まではロシア人がアメリカに行くのは簡単ではありませんでした。
といっても今は簡単かというとアメリカ領事館で領事との面接がありその前にビザ代金160ドルを支払い領事との面接が知らされその日時にアメリカ領事館に行く必要があります。
最初のビザ申請はネットで行えます。
https://ceac.state.gov/genniv/

領事からはいろいろな質問、航空券や滞在費用そして目的等を質問されてからビザの発給が決定されます。もし領事との面接に失敗(英語を話す必要)がありますので領事を納得させることができないとビザは発給されません、というのが現在のロシア人がアメリカに行く場合のビザ申請方法です。

日本男性と結婚してからといってもビザが必要だし手続きを踏まなくてはいけません。逆にアメリカ人がロシアに行く場合も手続きは異なったアメリカ人用のビザ申請用紙の記入とビザ代金が1週間後発行で38000円。
会話倶楽部では日本に住んでるアメリカ人の方がウラジオストク女性と結婚してますので彼のビザ取得を手伝ったことがあります。

アメリカ人に関しては日本人とは異なる質問用紙が用意されており質問内容は
共産党主義者ですか?
どこの大学を卒業しましたか?入学卒業年、専攻科目
原発関係の仕事に属したことがありますか?
両親の誕生日と亡くなってる場合はその日付け

等の質問書類の記載し料金を払えばビザが発行されロシア領事との面談はありません。

まだ中国女性と結婚を希望してる人がいるようです!?

20数年前に中国のハルビンと大連で会話倶楽部を運営し縁組を行ってましたがすでに中国女性の紹介は10年前に終えてます。辞めた理由は結婚カップルの意思疎通が全くない結婚は長続きしないからです。当時は1週間の滞在でお見合いから結婚式まで終えるのが普通でしたが現在は少し変わったのでしょうか?

中国女性はとにかく優しそうな男性なら結婚を決意し男性は1週間で100万円以上払っても結婚相手が見つかりお見合い-結納-結婚式-帰国というシステムでした。中国は夫婦パスポートがないと一緒のホテルには滞在できませんので帰国前にはそのパスポートが出来上がるので帰国前に初夜を迎えることになります。
とにかく結婚したいという方には都合が良いのではないでしょうか?
当時は大卒女性を日本男性に紹介してましたのでレベルは高い女性たちでした。

時々ロシアにも中国と同じシステムで結婚ができると問い合わせをしてくる人がいますがロシアと中国は全く異なります。

ネットで見かけた中国関連会社の料金
会話倶楽部では料金を明確に表示してますので結婚手続き費用等はありませんし成婚料金もありません。中国の場合は現地で結婚手続きをする必要がありますがロシアの場合は結婚手続きは日本で会員さんができますので無料でアドバイスを行ってます。

中国は結納金というのは上流階級だけでしたが日本男性は日本の習慣と考え今でも結納金を払ってるようです。
ロシアでは結納金はありません。仮に結納金はと女性の親に質問した男性は女性の親から ”娘にお金を払うのは日本でやくざに売り飛ばすのですか?”と怒られて人もいました。日本語通訳が日本の習慣を説明して事なきを得ましたがロシアには結納金はありません。

結婚式は現地で結婚する場合は男性は宗教をロシア正教徒にする必要があり結婚許可が下りるまで1か月かかるので最低でも2回訪ロする必要がありません。

ロシア女性との結婚は日本でするのが簡単で必要な書類はロシア女性が独身である公的証明書を日本のロシア領時間で日本語書類を作成してもらいそれを婚姻届けをする役所に提出するだけです。

ある元ロシア共産党幹部の娘さんが来日しました・・・

20年ほど前の話ですが知り合いの日本人と結婚したロシア女性が住む家に彼女の友人がロシアから来日したので毎日話をしました。

彼女の職業は英語の先生ですので普通に英語が通じました。
ソ連からロシアに変わったときに彼女の生活は一変したようです。
ソ連が続いてれば彼女は高校卒業後ロンドンの留学が決まってたそうですが一夜でその夢は消えたそうで地元の学校で英語を教えることで5年間貯金したお金で来日したそうです。

私の仕事に興味があり彼女も日本人で良い男性に巡り合えば結婚を考えますと言い出したので彼女が考えるロシア女性の結婚観をいろいろ質問しました。
その時話してもらったことが会話倶楽部の基本になってます。上の階級でちゃんとした躾を受けた人ですので伝統的なロシア人です。
①結婚する男性は必ず親に紹介する。
②紹介するまでは手を握るのは構わないがキスは駄目
その理由を尋ねたら ビクトリアン教育という言葉が出てきました。
イギリスの上流階級の女性に躾をそのままロシアに、ロシアの上流階級だけでなく一般社会にもその考えが広く広まってるそうです。
当然、セックスは結婚してからです。ウラジオストク女性もこのビクトリアン教育の名残が強く残ってますので男性はロシア女性が考える男性の行動をすることが大事です。
③女性は家事一般を全て行い子供のしつけも母親の仕事です。
④結婚したら仕事をするのは当然です。

日本滞在中、庭先で友達のロシア女性が廃棄した大量のお皿を洗ってたので何をしてますか?と質問したら 壊れてないお皿を捨てるのはもったいないです、という答えでした。

彼女のお父さんが共産党幹部時代は自家用車と運転手がいたそうです近所ではその家だけが車を持ってたそうです日本に嫁いだロシア女性にその話をしながら
羨ましくはなかったですか?と質問したら意外な返事でした。

私の家には車はないけど車に乗りたいときは彼女の家に行って頼めば乗れたから羨ましいという考えはなかったです。

入会希望者の方の写真撮影を行いました

今回は私のカメラで男性の写真を撮りました。
ロシア女性がどのような写真を求めてるのか?男性会員が写真を提出するときに考えてることですが最初の印象は写真ですので私が考える範囲で写真を撮ってロシアに打診しようと考え付きました。

写真は構えてる写真や緊張してる写真ではなく自然体の写真がテーマです。

恋愛という言葉は日本では真新しい言葉です!

日本の結婚系形態はお見合い結婚や親が決めたり仲人さんが紹介する歴史の国です。
小学校の時に初めて結婚式に参加させられましたがお二人が知り合ったのはお見合い結婚と聞いて小学生ながら不思議に思いました。

日本の古い本などで貴族が愛を語る文章は多いのですが当時は貴族は全体の1%に過ぎない時代ですが一般庶民がどのように異性と知り合い結婚をしたのかという記録はほとんどないようです。

日本で恋愛結婚が始まったのは1970年代ではないでしょうか?
ウーマンリブや女性の進出で異性と知り合うチャンスが増えたましたので日本人が恋愛結婚という西洋風の文明開化の影響を受けたのは40数年前ですので新しい社会システムの歴史はまだまだ短いです。

ロシア女性との結婚は恋愛結婚が必須なのですがそのことを私が口を酸っぱくしてアドバイスしても
恋愛って何? と考えるのが日本人です。

そのためお見合いして結婚というシステムでどうしても
お見合いが上手くいった=すぐに結婚
と考える人が減らないのは当然です。
すぐに結婚出来れば成婚率は100%になります。
とにかく綺麗な女性を紹介してもらえば結婚できるという考えをお持ちの方が少なくないです。会話倶楽部では日本男性との結婚を考えてるウラジオストク女性をご紹介してるのですが現地で女性会員に会えば結婚できるという考え、そのような日本男性の結婚観に同意してくれる女性は皆無と考えてください。

お見合いという言葉・・・ロシアにはありません!

日本的というかアジアの習慣というべきなのか欧米やロシアにはそのような習慣がないので最初の実際の出会いの場をお見合いと言ったらお見合いで会った女性と意気投合したら次は結婚と考える人、日本男性はまだおられるようです。

会話倶楽部ではお見合いでなくMeeting(出会い)という言葉をできるだけ使うようにしていますがお見合いの経験がない人でも実際にウラジオストクで女性会員と初めて会って意気投合?(男性の解釈に寄ります)と思った場合、次は結婚と考える人がおられ結婚式のスタイルや新婚旅行はどこにしますか?と質問する人がたまにいます。

そのような質問をした場合、相手の女性はどう考えるでしょうか?
ロシアでは結婚式はすべての人がする訳ではないし、ましてや新婚旅行は一部の人たちだけです。という実情を私が書いたり離したりするとロシアは貧しいからそんな結婚の儀式ができないのだなぁと勝手に解釈されそれをロシア女性に提供すれば喜んでくるだろう・・・という男性の考えなのでしょうね!?

初めてロシア女性に会って意気投合したら結婚前なので妊娠しないようにコンドームを用意してるのは男性の優しさ・・・とまで考える人がいるのも事実です。

Meetingとは最初の出会い、お互いに初めて会うので緊張しています。そんな場でいきなり結婚式は?新婚旅行は?と聞かれた女性はその場で泣き始めたことが実際にあります。
女性にすれば日本男性との初めてのMeetingでどんな男性なのか?と興味と不安の場で考えてもないことを質問されてビックリしたようです。

翌日女性の母親が私と話をしたいと現地のオフィスに来られました。
”娘は真剣に結婚を考えてますのでお互いに交際しお互いを理解したうえで結婚を考えるのがロシア女性です。結婚式や新婚旅行は結婚することをお互いに決めたときにする話題ではないでしょうか?”

ごもっともな考えだし私も同じです・・・とそのときそのお母さんに答えた記憶があります。

ロシア女性と結婚を前提に交際が始まるとお互いに相手を知りたいと考えるのがロシア式で最低でも半年くらいは男性をいろいろチェックしています。
その半年、人によっては短い場合や長い場合があります(結婚相手を親に紹介するためには女性がその男性と結婚したい考えを父親でなく母親に分ってもらいたいからです)。

親に紹介されるまでに男性が行ってはいけないタブーは女性にセックスを求めることです。
交際中にセックスを求めたりほのめかしをすれば女性心理は
”この男性はセックスだけが目的なんだ!”と女性が考え始めたらお二人の関係は終わりです!”

男と女の違い(動画) 日本人同士の話ですが・・・ロシア女性にも当てはまる箇所多々あり

下記動画は日本人同士ですがいくつかの点はロシア女性にも当てはまります。
その違いを会話倶楽部会員さんとは話し合ってます。
ロシア女性が男性に付いて来て貰うためにはいろいろな関門?(男性の思い込み)を修正する必要が
あります。そんなの関係ない・・・・そうです勝手に行動してください。そして気が付いたら・・・
定年後に家でコンビニの弁当を一人で食べてる光景が想像できるのでちょっと文化の違うロシア女性と
結婚を考えました、とある入会者の話です。

男性が考えるとおりにロシア女性が結婚してくれると考えてる男性は恋愛歴が多いのでしょうか?
でも実が結べなかったのでこのブログを読んでるのでしょうね。

会話倶楽部の成婚率を質問する人

数字が好きな人が多い国は日本です。
会話倶楽部に成婚率を質問する人は少なくありません。
できるだけ成婚率の高いエージェントに入れば結婚できる可能性が高いと考えておられるのでしょう。
成婚率の確率は何の意味もないと思います!
ショッピングではありません。
成婚率の代わりにどのようにロシア女性と結婚するためには何をすれば良いですか?という質問なら大歓迎です。

会話USAで東大からハーバードを卒業された女性でも同じ質問をされましたので分りませんと答えたかったのですがすぐに突っ込まれるので成婚率という数字は計算してませんと答えたら怒り始めました。
初めての経験ではないので逆にその質問をした人がこれからどんな人生を送るのか?と気になりました。女性の年齢は40歳を超しており初婚の方でした。

学歴と収入?が自慢の理由です。彼女が20歳代ならあちこちの男性から声がかかったかもしれませんが20歳代の時は結婚は考えなかったそうです。もっと良い人が現れると期待し続けて20年・・・結局は日本男性は駄目だから白人男性を・・・と考えて私のところに来られたのでしょうが彼女の希望は年下白人で年収は2000万円以上が条件だそうです。そして子供も欲しい・・・。

彼女は当時は巷で騒がれてたアラフォー(40歳代独身女性)の典型的な人でした。
アメリカに長年住み現地でも仕事をしてた人で外見は美形ですので迫ってくる男性は多かったでしょうね。
問題は彼女の中身が原因と思います。

ロシア国籍の取得は簡単?難しい・・・?

配偶者がロシア人なら外国籍の人がロシア国籍を取得するのは簡単です!
片親がロシア人の夫婦の場合も子供のロシア国籍取得は簡単です・・・。

日本は40年位前までは外国籍男性は日本女性と結婚しても一定期間しか日本に住むことができませんでした。
海外で出会ったカップル、男性がカナダ人で女性は日本人。
男性は日本が大好きで日本に住みたかったそうですが滞在期間の延長が目一杯になり日本を出なければならなくなったという話を聞いてびっくりしました。
男性の母国のカナダに帰る途中でヨーロッパを二人で旅してるという話でした。

外国人が日本国籍を取るのも難しいかったのですが私の記憶では相撲の高見山が外国男性が手続きを踏めば日本国籍が取れたという
ニュース記事を読んだのを覚えてます。

来年からは外国人労働者がどんどん増えてきます。
アメリカは日本の国力の4倍で人口は3倍くらいです。
人口が増えれば国力もアップすると考えれば労働者が外国からどんどん来日して人口が増えれば国力がアップする可能性があるのでは?
と最近考えるようになりました。

いろいろ試行錯誤があるでしょうが結果が出るのは数十年先以上ですね。欧州は中近東や北アフリカそして植民地だったアフリカから大量すぎる移民を抱え込んで我々が知るヨーロッパとは異なる国になりつつあります。

案外ロシアに住むのも可能性があるのではないでしょうか。
一番の利点は土地が余ってるので住宅やマイハウスという生涯賃金の多くを費やす必要がないことです。

ロシア人との結婚式は絶対に日本がお勧め!

なぜ、日本がお勧めなのか?
ロシア人に限らずヨーロッパの国々では宗教上、結婚をするお二人の名前を地元の市役所に申請し役場の公共的な場所にある掲示板にお二人の結婚する二人が結婚しますので異議のある方は連絡してください、という掲示板が義務化されてますのでその公共の前での掲示期間が1か月から2か月と決まってるからです。

その掲示期間に誰も声を上げない場合はお二人は晴れて結婚できることになります。仮に異議が出た場合、例えばこの女性は別の男性と結婚してますとかこの男は重婚者ですなどと苦情が出されると審議が始まりその結果により結婚ができるかどうかが決まるので”愛があれば結婚できる”という考えは正しくありません。

ロシアで入籍手続きを行えばこの儀式があるので申請して男性は一度帰国、そして結婚が認められた場合に再度ロシアに出かけてその証明書を受理する必要があります。時間の短縮・・・お金を払えば時間が短縮できるという噂がありますが教会関係者が真面目な人だったら・・・その男性の名前はブラックリストに載るのではないでしょうか?

日本での入籍はロシア人が独身であるという証明祖を日本のロシア領時間で日本語に翻訳してもらいそれを男性が入籍する役所に退出すればOKです。
以前はその独身具備証明書の日本語翻訳をロシア領時間は1日で行ってくれましたが今は結構時間がかかるようです。

コンドームはちゃんと用意してます!と自慢・・・?

ウラジオストクに出かける会員さんがコンドームはちゃんと用意してますと私に話してくれました。
私の返事は
”風船でも膨らますのですか?”というのは会員さんには全然通用しなかったですね。彼にすれば万が一に備えてるのでしょう。

問題は”何が万が一”なのか?ということで私と会員さんの間にはコミュニケーションが成り立ちませんでした。

避妊は女性がすべきことで男性が避妊具を準備する必要はない・・・というのが欧米の考えなのですが準備周到な方はそのようなことは考えないようです。

妊娠して困るのは女性であり男性ではありません。日本では出来ちゃった結婚というのが流行ったことがありますが結婚もしてないの予定が出子供が出来たので責任?をとって結婚するのは最低の人生経験ではないでしょうか?

出来ちゃった結婚で離婚する割合は普通の結婚よりはるかに高いという統計もあります。

もっと大切なことは・・・ロシア女性でまともに育った女性は結婚までセックスはしない、というのがロシアの道徳観です!これは肝に銘じましょう。

男女の違い

これは平均的な紹介と思いますのでこの平均に近い考えの人は・・・国際結婚派向きではないでしょうね。
私のパートナーを当てはめると半分くらいが平均的です。

ロシア人のプレゼントしては駄目なモノを知ってますか? 化粧品・・・

ロシアは迷信深い国で迷信を信じる人が多いのでロシア人にプレゼントしては駄目なものを理解する必要があります。

前にプレゼントとお土産でブログを書いてますがお金を払ってプレゼントしたものがロシアでは駄目なモノだったらがっかりしますね。
習慣と文化が異なるのでプレゼントをするものが思いつかない場合は何もしないことです。しかしロシアは日本と同じでお土産習慣がある国ですので手ぶらでは相手が悲しむこともあります。

日本からのお土産は日本文化を感じさせるものをお勧めします。決して高価なものは必要ありません。高価なモノだとロシア人がお土産に対するお礼で困るからです。

空港で女性にと思い有名なブランドの香水や化粧品は・・・大変失礼です。
理由は女性には好みがあるので好きなブランド名を事前に話してる場合は女性は喜ぶかもしれませんがそうでない場合は・・・プレゼント品はごみ箱行になるでしょう。
またシャンプーや石鹸など有名ブランドであっても女性がなぜ男性がそのようなモノをプレゼントするのか考えてしまいます。

女性が悪く考えれば・・・
私は不衛生、臭いその他と悪くとる可能性もあります。

恋愛の歌…ハバネラ

フランス人が好きな歌です。恋愛中を歌ってるのですが・・・
この動画は日本語の歌詞がついてますのでその日本語をどう理解するか!?
フランス人のこのハバネラの歌詞を説明してもらいました。
歌の中で何度も
”気をつけなさい”と歌ってます。
ロシア女性も男性が気に入った場合に同じようなセリフを使いますのでそのセリフが出てこないときは女性は
あなたに夢中ではないということです!

独身男性の気づかない癖・・・

来日中のロシア女性・・・男性の家に滞在するときにロシアとは非常にことなる光景にビックリすることが多々あるようです。

私にそれを話してくれる女性とびっくりしすぎて言葉が出ない女性もいますが私に相談してくれる女性はまだ救いがありますね。男性会員にそれを説明して男性が納得してくれれば改良してくれますので二度と女性をびっくりさせない、日露の文化の違いに気がついて欲しいです。

1人住まいの独身男性、家の中では周りに気を使う必要がないので自分でも気がついてないのでしょう、トイレに行ったときにトイレのドアを閉めない癖があるひとがいるようです。これは女性もびっくりでロシア女性に限ったことではないです。と言ってる私も家のトイレのドアがちゃんと閉まってないと怒った声が聞こえてきます・・・。

一人住まいの独身男性が気がつかない癖は結構多いです。
それが女性を落胆させたら・・・取り返しのつかないことになるかもしれません。

一つのコップもしくはマグカップで飲み物を何でも飲むのも独身男性の日課になってる人もいます。
ジュースを注いだカップに他の飲み物を入れて女性に出したらどうなるでしょか?多分、女性が不機嫌な態度になっても原因が分からないでしょうね。

ロシアの家では靴を脱ぎましょう!

外出用の靴を家で履く習慣は多くの国で一般的だが、ロシアは違う。実際、この行為はロシア人を心底驚かせてしまう!
これはブーツやコートを着用したままベッドに入るに等しい。ロシア人は必ず帰宅した時点で靴を脱ぎ、スリッパ(ターポチキ)に履き替える。
裸足で家に上がることは稀だ。
家族の一人一人が一足、時に冬用と夏用の2足のスリッパを持ち、さらには客用にも何足か置いてあるのでロシア人の家に招待されたら家に入った時はお客さんようのスリッパが出されるのでそれを待ちましょう。

同じことが部屋着にも当てはまります。
家で着る服と外に出るときの服装は変えなければなりませんが一人暮らしの人はその習慣がない人は少なくないですね。会社に着ていった服装のままで家でくつろぐ光景はロシア人には大ショックです。

パジャマは就寝時にしか着ないので帰宅後にパジャマに着替えたら・・・実験してロシア女性の表情を確認してくださいロシア人は着替えるのが好きで、丸一日同じ服で過ごせる人の気が知れないのである。そしれアイロンが大事ですので皺のある服はデート時やお見合いの時は女性がびっくりするのでこれは試す必要はありません。

非日常的な行動がしたいと考えてる人たち・・・

渋谷のハロウィーンが死者がなく終えました・・・。
宗教的なイベントですが日本人には関係ないイベントです。
いろいろな専門家が分析してるようですが一番気になったのは

非日常的だからハロウィーンに参加したという理由の人が多かったようです。
つまり、毎日の生活が”つまらない”と考えてる人が多いのでしょう。

毎日がつまらない・・・解決策は自分で考えるしかないですね。
何も考えないで日々を過ごせば時間はあっという間に過ぎていきます。
つまらない毎日という人は自分の存在価値をどう考えてるのでしょうか?

楽しかったから来年のハロウィーンにまた参加したいと考えてる人もおられるようです。あと一年ありますが・・・と言いたくなります。

渋谷のハロウィーンって集まるだけで目的地はありません。ただいつもと違った服装、仮装をしてスマホで写真を写すだけで他の目的はナンパだそうです。

東京マルイから注意が出てました。

東京マルイというのはガンメーカーでおもちゃの銃を製造してる会社です。
サバイバルゲームでおもちゃの銃をもってちょこちょこ走る回る戦争ごっこが日本では人気です。子供でなく大の大人の遊びです。
銃規制で日本はおもちゃでもメーカーの自主規制でいろいろな制限がつけられてますが私も数年前に渋谷のハロウィーンで軍服姿で銃を持ってる人たちを見たときはビックリしました。

ハロウィーンが目的でなく自己主張をするために奇抜な恰好をしてるようですが知らない人が見たらパニックになります。軍服姿と銃を持って電車に乗って渋谷までやってきてるのでしょうね。

結婚したら次は子供造り・・・ちょっと待ってください。

結婚する理由は日本が持つ本能、男性は自分の子孫を残すこと。女性は本能で男性とは違う子供をもつ本能で子供を守ることと男性とは子供に対する考えが異なります。

男は子孫繁栄ですので結婚したら堂々と自分の子造りに励みたいようで女性がお同じ考えなら結婚して一年後には子供が出来ることを期待してるようです。
が、子供が出来たら女性は安心して子育てができるかどうかを見極める考えを男性が理解すれば問題は起きません、両者が協力することで複数の子供そして幸せな家庭が気づけたのが今までは普通でした。

これが国際結婚の場合は状況がことなります。
夫婦なのだから毎日セックスに励めば授かれるものは自然に誕生します。
国際結婚の場合は子供を産むのは女性が外国人の場合は・・・ウラジオストク女性から理解できたのは子供造りは女性が日本の生活に慣れ日本語が普通にできるようになった時に子造りの開始になります。

平均的に結婚して2年から3年目が会話倶楽部での平均的な期間です。
が、男性の中にはこれは間違いだと言い出した人もいました。

結婚したのにウラジオストク妻は今は子供を作りたがらないという相談です。
相談というより怒りの声、女性の結婚は子供を作りたくないのは最初から女性がそんな気がなかったからという怒り。

男性と女性の将来予定の違いです。結婚前に子造りの話をしてれば女性の意見も聞けますし結婚後も問題は起きないのですが・・・
コミュニケーション不足というか肝心な話を結婚前にすることはたくさんありますね。

ウラジオストク旅行に女性が熱を上げるワケ ・・・一部がステルス広告

20年以上ウラジオストクに関わってますが9割以上のお客さんは女性です。
女性はロシアにロマンを・・・そして美しいと言われるロシア女性に会いたいようです。
男性の場合はロシアに対する政治的な考えや日露関係とロシアよりアメリカの方が仲間になり易いと考えておられるのでしょうか?
ウラジオストク訪問者は中国人が年間20万人以上、韓国人は7万人(韓国ウラジオストク間のLCCは4社、日本はゼロ)。

<a href=”https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181031-00245554-toyo-soci”>東洋経済10/31(水) 6:00配信</a>

下記の記事内容、私にすればステルス広告ですね。
特定に企業名が出てます。
*夜歩いてもOKとありますが知らない国や街を夜歩くのは絶対に危険です。日本には危険地区というのはありませんが諸外国、ロシアも当然そのような場所があります。

極東の人口60万程度の港町。ロシア・ウラジオストクに今、にわかに日本人の旅行ブームが訪れている。

成田空港から直行便で2時間弱という近さ。加えて、フランスやイタリアといった西欧諸国とは違った歴史と味わいある町並み。「日本からいちばん近いヨーロッパ」というキャッチフレーズで、特に女性旅行者たちに注目を集めている。

<strong>■ウラジオストクへの日本人旅行者が急増</strong>

人気に拍車をかけたのが、2017年8月に行われたビザ緩和だ。かつては事前に手続きが必要で、費用も1万円ほどかかったが、ビザ緩和以降はネットでの無料申請が可能に。一般的な観光であれば、沿海州に8日間連続滞在することが可能となった。

H.I.Sの社員は、ロシアの観光市場についてこう話す。

「ウラジオストクへの日本人旅行者は、例年7000~1万人程度で推移していましたが、それが2017年に突然1万8000人を超え、2018年に入ってもその勢いが続いています。

比較対象としてわかりやすいのが台湾です。それぞれ航空券は5万円前後と安価で、成田からの飛行時間は2時間弱。まだまだ認知度は低いですが、観光都市としてこれから伸びていくポテンシャルは非常に高い」

これまでロシアは観光国としての評価は決して高いとはいえず、加えてビザ取得の煩雑さもあり、一般の日本人旅行者が気軽に行ける国ではなかった。だが、ロシア政府はプーチン大統領主導のもと、ワールドカップ誘致や経済活性化に取り組み、観光インフラも急速に整えつつある。

実際ワールドカップを6大会連続で取材したジャーナリストは、ロシアの快適さに驚いたという。

「2012年のサッカー欧州選手権では、隣国のウクライナのインフラや観光面が整っていないことに愕然としました。2010年の南アフリカ、2014年のブラジルと比較しても、ロシアとは雲泥の差がありました。ホスピタリティ精神があり、国として観光を盛り上げようという意思を感じました。実際、参加国でない中国やアジア圏の人々、中南米の国の人たちを街中でよく見掛けましたよ。私がワールドカップを取材した中では、移動の面も含めていちばん快適に過ごせた国ですね」

記事に興味のある方は下記をクリック
<a href=”https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181031-00245554-toyo-soci”>東洋経済10/31(水) 6:00配信</a>

田舎っぺと言われたNさん・・・トラウマは残ったようです

モスクワで田舎っぺと言われたNさん・・・トラウマは残ったようです。
東京の日本語学校に通ってるときにモスクワのロシア女性がクラスに加わったそうです。が・・・モスクワ女性はNさんが田舎者と見抜きロシア人同士なのに一言も話しかけてこないそうですのでNさんから話しかけたそうです。
ロシアの田舎者とは話をしたくない、という雰囲気をすぐに察したそうですが結局はNさんが日本情報に詳しいしのでいろいろ質問に答えてるうちに仲良くなったそうです・・・。

ロシアはウラル山脈を挟んでヨーロッパとアジアに分かれると言われてますが意味はヨーロッパ側のロシア人は自分たちをヨーロッパ人と考えるのに対してアジア圏に住むロシア人、ウラジオストク人は自分たちがヨーロッパ人とは全然考えてません。何人ですか?と突っ込めば・・・返事に困りながらロシア人ですと笑いながら答える人が多いですね。その違いがモスクワなどの自称ヨーロッパ圏のロシア女性はアジア人を見下げてみる人も少なくないですね。
日本人はもちろんアジア人の一人ですので冷たい視線は避けられないでしょう。

Nさんは活発な女性でちゃんとした躾を受けてるので他の人に対して失礼な態度はとらない人ですがその彼女が珍しく怒ってました。彼女の言葉によれば見下した感じだったそうです。彼女のウラジオストク時代には会話倶楽部の日本語通訳をしてましたが担当した日本男性にが帰国するときは手書きのメッセージとウラジオストクの思い出として小さなプレゼントを渡してました。

日本の弁護士さんと結婚し結婚式はウラジオストクのあるホテルで男性の家族も出席したのですがNさんの親族を紹介されて緊張したと後で話してくれました。
男性は日本の某大学を卒業しアメリカで弁護士の資格を取り帰国した人ですがその人がびっくりしたNさんの親族は
オジサン・・・副知事、おじいさん・・・もと議員そして彼女の両親は大学教授と田舎?を想像させる雰囲気は全くありません。

Nさんのお父さんと話したことがありますが何と12か国語を話せる人でしたので日本語で話をしました。

ロシア女性のある長所にその時気がつきました。
交際中の男性には親の話や仕事はほとんど話さないことです。結婚するのは女性自身で家族親戚は関係ありません。
ある時はロシア全権代表という肩書の方にも会いましたし旧KGBの極東のトップにも会いました。全然、威張ってるという感じがなかったですね。
それぞれ娘さんたちが日本人と結婚するかも知れないということで会ったのですが・・・それぞれの女性と付き合いが始まってた男性会員は女性から一言もお父さんの話は出なかったそうです。

ウラジオストクは田舎者・・・

私はロシア全体が欧米諸国とはことなる異次元の国と思ってましたが今のロシアの各都市は西側みたいな街づくりでロシアのイメージは地方都市しか残ってないようです。
そして大都会に住むロシア人の中にはウラジオストクを田舎と差別視する人もいるようです。家族でモスクワ空港のトランジットで待ってるウラジオストクのある家族が待合室で家族親戚一同が話をしてる時に空港の女性職員が一言・・・

”田舎の人はすぐ大声で話をする”という嫌味な言葉が聞こえてきたそうです。
それを耳にしたNさん(私のオフィスで働いてた女性)が負けじとその女性に一言・・・
”そうです。私たちはウラジオストクから来てますので地理的には田舎っぺ”ですと言い返したそうです。
なぜ、モスクワの人はそんな発言をしたのか? ロシアって方言が少ない国でロシア語は同じではないですか?と疑問を持ちました。

ロシアでは田舎っぺは早口で話すそうです。他のウラジオストク人にそのことを尋ねたら ”そうですね。ウラジオストク人は早口で話すのが普通です”。

早口で話す人は頭の回転が速いからという事実もあります。これは世界共通ではないでしょうか?

ロシア女性はアメリカ人と結婚したがってる

ある男性からの質問にびっくりしました。
ウラジオストク女性が日本男性と結婚したのは本気でなく本当はアメリカ男性と結婚したがってるでしょう!? という質問です。
なぜ、男性がそんな風に考えるのか?と男性に逆に質問しましたが明確な返答ではなくそう感じるからだという返事。
男性にあなたはアメリカ女性と結婚したいですか?と質問したら

”アメリカ女性は相手にしてくれない”という返事でこの男性は何を基準にそう考えるのか不思議でした。

この質問をウラジオストク女性に質問してください、とアドバイスをしましたがアメリカ人と結婚したがってるロシア女性と結婚しても彼女は本気でないから・・・と堂々巡りの会話で埒があきませんでした。戦後の日本の自虐史観で頭が凝り固まってるのでしょう。

会話倶楽部ではアメリカ人がウラジオストク女性に挑戦しにウラジオストクに出かけ用としました。

事前にメールの交換を行い近いうちにウラジオストクで会いましょうとお見合いを設定してたのですがメール交換が途中で終わり女性がアメリカ人に会うのをキャンセルしました。
彼の英語メールが長すぎて質問がたくさんあったというのが後でウラジオストクの運営者から教えてもらいました。
英語が出来る女性でしたがアメリカ人のメールの質問にどう答えれば良いかと考える中ですべての質問に答えるのが苦痛になったそうです。
彼はロシア語も勉強し宗教もロシア正教会に入会してロシア女性を迎える準備は出来てたのですが・・・。

お見合いの設定をしないでウラジオストクへ向かい現地で希望女性に運営者が今、あなたに会いたいアメリカ人がオフィスにいますけお見合いを承諾しますか?と質問したら5人中3名が断ったそうです。

理由はその男性がアメリカ人だからです。
アメリカ人だからという理由を聞いてそのアメリカ人は怒り始めたようです。
私に会って話をしてから断るなら理解しますが合わないで断るのは失礼だ・・・という怒りです。

彼には日本を出る前に
ロシア人はアメリカ人が嫌いですよ!という話は何度もしてたのですが・・・。
結局は結婚しました。何回彼はウラジオストクに通ったでしょうか?
アメリカ籍なのでロシアビザを取得するのは大変でした。日本人と異なり申請書類の枚数が多くいろいろな質問がありました。

当時はロシア人はニュージーランドやオーストラリアに簡単に移住が出来て私の知ってる人もオーストラリアに夫婦で渡りましたしウラジオストクにはオーストラリアの領事館があるのでオーストラリア男性もウラジオストク女性と結婚する人たちがいました。

ロシア人とオーストラリア人は外見は同じですが考え方などが大きく異なりますので長続きしたカップルはほとんどいないとウラジオストク女性が話してくれました。

オーストラリア男性はがさつでラフな人たちです。
ロシア男性にも似てる点がありますが女性に気を遣う、気配りはないですね。
日本男性もロシア女性から PayAttention と注意と注意される場合があります。私にもっと気を配って・・・という意味ですがこの言葉を言われた方は女性が男性に注意を促してるのでそれを修正すれば女性は満足ですがその注意の言葉を言われない場合は男性が十分に女性に対して気を配ってるか?もしくは女性が男性に呆れてるかのどちらかです。

5回目の結婚 74歳4と47歳 精力の問題?

ドイツの元首相えあるシュレーダー氏が5回目の結婚!
74歳で結婚する相手は47歳。
最初に気になったのはお二人の性生活です。

ロシア男性には信じられないこの結婚、50歳で不能者になると言われてるロシアですのでロシア男性からすれば ”羨ましいことです”
相手も性に関してはアジアで一番元気な韓国女性ですのでお二人の間には何かがあるのでしょうね。

このお二人の結婚は韓国では大フィバーしてるようです。
この元首相は日本に対してはいつも批判的な発言してたので日本では評判は悪いですね。

日本の元首相の鳩山氏と同じレベルの発言が多く今でも日本批判をすると韓国での人気が上がるので発言は止まってません。

鳩山氏とシュレーダー氏の共通点はロシアと関係が深いことです。
鳩山氏の祖父はソビエトが二島変換を申し出た日ソ共同宣言を蹴ってアメリカを選んだ人で右思想だったのですが孫の鳩山由紀夫氏はいつのまにか左寄りになり息子をロシアに留学させてました。ロシアとのコネを作ろうとしたのでしょう。

シュレーダー氏はロシアと太いつながりがありロシア国営天然ガス会社ガスプロムの子会社「ノルド・ストリームAG」の役員です。ドイツ国民からは人気のない元首相・・・そして現在のメルケル首相が誕生したのですが安倍首相と同じ長期政権で両者とも同じ問題で危ない状態です。

メルケル氏の大失敗は移民受け入れです。ドイツは最近ようやく低賃金労働の法律が出来て最低賃金が保証され始めてます。ドイツ企業から低賃金労働者を何人でも受け入れるということで100万人受け入れを宣言したのですが今は受け入れにストップをかけてます。

我が首相の安倍氏も同じことを今から実行しようとしてます。無制限の外国人労働者受け入れでは経済連だけが喜びますが国民は反対です。そのため無制限という言葉を使わないで別の表現を使ってますがすることは同じです。

来年は波乱の年になるかどうかがはっきりします。
最近はロシアで仕事をしたいという相談が増えてますが仕事は可能ですのでロシア語をまず普通に話せるレベルにしてください、と答えてます。

日本は外国人労働者の受け入れが整ってきてますが将来は?

日本政府は国益より企業利益を優先してるのでしょう、歯止めのない外国人労働者が来年の4月施行の新しい法律で50万人以上を受け入れるようです。

自動車業界は労働者不足で増産が間に合わない状態だそうです。
中国と縁がなかったトヨタが本格的に中国に進出します。
巷では日本企業は中国から引き上げるべきだと騒いでおり中小企業の中国進出組は日本に引きがてるようで中国で仕事をする日本企業やその従業員は数が減ってる筈ですが実情は逆に中国に駐在する日本人の数は増え続けてます。

国益より利益を優先してる証明です。

ロシアは・・・ロシアから仕事ができる日本に来る人は法律が緩くなっても日本で働きたいという声は全く聞こえてきません。
日本で働く魅力がないばかりか現実を的確に分析してるからです。

ウラジオストクをみると昔3Kと言われた 汚い、きついそして危険という仕事はロシア人はしません。その代わりに中央アジアからロシア語を話せる人たちが労働者としてウラジオストクだけでなくロシア中に移住してるからです。
ウラジオストクでは現在の最低賃はこの3Kに従事してる人たちの中でレストラン関係は最低で3万ルーブル(6万円)から。料理を作る人はもっと高い賃金です。

日本と比べると決して高くはないですが現在のロシアルーブルが好景気の時のように1ルーブル4円にならば一気に収入は倍になります。

現在の日本円で6万円の最低収入はウラジオストクで生活するには贅沢は出来ませんがそれなりの生活が出来ます。
仮に12万円とルーブルが強くなったら日本より良い生活が出来ます。

冬になるとロシアの住宅で室温が20度以下の家はありません。
日本の場合は我が家は真冬の朝は6度です!

日本に留学で来日してウズベキスタン人が日本のアパートの寒さにびっくりして暖房代わりに寝るときは調理用ガス器にを一晩中つけっぱなしにしてたと笑い話みたいな本当の話を直接聞いたことがあります。

日本の魅力は・・・外国人が現実的なことを考えてる中で日本人の多くは日本は世界第三位の経済大国でロシア(世界15位)より上だ!!
と何の自慢にもならない精神的支えはロシア人だけでなく世界には通用しないということを早く理解してください。

ロシア人とお金の話はする必要はありませんのでロシア女性と結婚を考えてる人はお金以外の日本の魅力、ロシア人がすごい!と思ってることをアピールしないとロシア女性は日本には来ませんよ!

ロシアでお酒を飲むときの習慣

1人でお酒を飲むときはロシアではルールはありませんが人が集まって食事やパーティの場所でお酒を飲むときには一つのルールがあります。

グラスにお酒が注がれたら・・・
すぐには飲みません。ロシアでは人とお酒を飲むときは
一言を発する人がいますのでその人の言葉が終ってから 乾杯の合図で一緒に飲みます。目の前のグラスに飲み物が入ってるからと一人で勝手に飲み始めた場合は周囲の視線を感じるはずです。

ロシア人で日本の習慣を知ってる人は気をつかって
”どうぞ、お飲みください”!とフォローしてくれる場合が多いですがそれを知らない人たちの視線は・・・一度経験すればわかります!

ロシアはLineは通じません!

ロシア政府の政策でLineはロシアでは使えません、通信制御がされてるのでLineを使ってロシア日本では通信が切断されてるという意味です。

現在利用できるのな WhatsApp です。スマホやパソコンにダウンロードして無料で使えます。文字チャットと電話機能が無料ですし広告が一切入らないので便利ですのでお勧めです。

また動画をスマホで撮影してそのまま送信できるのも便利です。
話す内容が少なくなったらあなたに見せて景色と名を売って日本やご自分の生活環境などを知らせれば話題に困りません!

私はロシア側との通信はいつもWhatstAppを使ってますし会員達も使われてますので私に御用の場合はWhatsAppでどうぞ❕

ブロンドは良いですね・・・

ブロンドが希望という男性がいます。
なぜ、ブロンドですか?とは聞き直しませんでしたが日本には今でこそ髪を染めてる人が多いので目づらしくはないのですが以前はブロンドに憧れる男性は日本だけでなく世界共通だった時代があります。

髪の毛の色に興味があるのは女性と距離を置いてるときに考えることで実際に地毛がブロンドの人と付き合えればラッキーでしょうが女性は気分によって髪の毛の色を変えるのが普通でロシア女性の場合は髪の毛の色で染めるのでいつも決まった色ではないという現実をご理解ください。

男性があなたのブロンドは素晴らしいと誉めれば女性は男性に気を使ってブロンドにしてくれるかもしれませんがロシア女性の基本はブロンドではありませんので大方の女性たちは髪の毛を染めてると考えてください。
ロシア女性は多種混血の人種ですのでブロンドが地毛という人はまずいないと考えてください。

どうしてもブロンドに誇示するなら人種的にブロンドが多い北欧の女性が良いのではないでしょうか。もちろん相手があなたの考えを理解してくれた場合です・・・。

ロシア女性にブロンド、ブロンドと何回か言えば女性は
この男性はブロンドが好きなんだ!と女性が考え始めたら・・・言い換えればこの男性はブロンドが大事で私の中身は関係ないのかなぁ?となったら女性の態度が変貌するかもしれませんのでご注意を!

ウラジオストク女性との通信手段 その2・メール?

女性との通信手段方法をオフィスに来られた方と話してる時に話し合いました。
通信手段には
メール、Viber, Line そして whatsapp というのはIT関係の方なので知っておられます。ロシアにパソコン、そしてスマホが登場するまではパソコンは一般向きではなかったので10年くらいは今考えれば旧式でしたね。

メールは会話倶楽部のオフィスに送ると女性に男性からメールが届いたと電話で伝えると女性がオフィスにメールを取りに来られるのでプリントして渡し女性は家に戻ってメールを読んで返事を書いてオフィスに持ってくるという形式です。
1通のメールの返事に1週間かかることも珍しくなかったですね。

日本側からすればオフィスでメールを読んでその場でメールを書いて送り返せば時間の節約になるのではというアドバイスもありましたが相手は日本人でなくロシア人です。文化の違いがありますが”時は金なり” Time is money が美徳と思ってる人にはロシア人の反応が理解できませんでした。理解できないと他のロシア人の行動や言動から悩まされるでしょうね。

理解できないときはどうしてですか?と質問を自分勝手に結論付けるより文化の違うロシア女性に尋ねれば女性が説明をしてくれますので ”なるほど” と思い直すことが出来る可能性は高いです。理解できないなら・・・同じような誤解から生じるトラブルが起きる可能性がありますのでそれが続くとどうなるでしょうか?

会話倶楽部では会ってもない女性との交信は認めてません。
気の利いたメール内容をかける人なら問題ありませんが男性が女性に各メール内容は女性が期待してない内容がほとんどです。女性がメールを読んでこの男性はどんな人かな?とメール内容から想像し期待できる内容がお勧めです。

自己紹介やあなたは美しい、趣味の紹介やその他・・・
実際に女性を目の前にして話すなら相手の反応を感じれるので女性が興味のない表情だったら話題を変えることが出来ますがメールでは出来ませんね。